とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

大規模な整理(祭り)をやってのけたなら、それ以降の整理は苦労を微塵にも感じない。

鼻と咽喉が少し落ち着いてきました。

 

とはいえ、処方箋に抗生物質が入っており、その副作用として「下痢」が予測されていたのですが、それが見事にヒットしまして(汗)

 

昨晩から1日、行ったり来たりの生活を送っています(笑)

 

 

 

それも耐性がついてきたのか、ようやっと落ち着きを取り戻しました。

お陰様で、落ち着いてタイピングをすることができます(笑)

 

 

 

 

先ほどまでブログカスタムを行っていたのですが、中途半端な状態になってしまったのでいったん止め、明日仕切り直しをすることに。頭で描いているイメージと異なるというのはよくあることで、反省すべき点でもあります。途中ということもあって見栄えは悪いですが、明日改めようと思います。

 

  

続きを読む

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その51

【Series Herbie Hancock

 

Secrets / Herbie Hancock

 

f:id:maruyamabase:20170309172303j:plain

f:id:maruyamabase:20170309172337j:plain

 

SRCS-9340

 

1.Doin'It
2.People Music
3.Cantelope Island
4.Spider
5.Gentle Thoughts
6.Swamp Rat
7.Sansho Shima


parsonel

 

Herbie Hancock(key)
Bennie Maupin(sax,bcl)
Ray Parker,Jr.(g)
Wah Wah Watson(g)
Paul Jackson(b)
James Levi(ds)
Kenneth Nash(perc)

1976年 サンフランシスコ録音

 

 

このあたりの作品はディスコで流れるような音楽を中心としたもので、ある意味仕方のない時代背景に押された作品となっています。
時代の求める音楽は何かというのを考えたとき、ひょっとしたら伝統的なジャズから離れる時期が必要だと感じていたのかもしれません。
そこで見出した路線が「ブラック・ファンク」。これは大いにヒットし、ハービー自身も多数の名作を残しています。

 

しかし、これはジャズではないと酷評する人もいると思います。

でも、本来のジャズを伝えるために必要なことは何かと考えた時に、対極にある音楽を伝えたり、伝統から派生したものを伝えたりと、いろいろ方法はあります。
かつて放送されていた「夜タモリ」で出演していた吉原さん(タモリさんが演じていたジャズ喫茶のマスター)は「これもジャズ」といったことを良く言っていました。
なんでもかんでもというわけではないですが、あらゆるところに「スウィング」は隠れているということに気がつく必要がある。
そう考えると、伝統のリズムではなく、まったく違うリズムの中にも、ジャズは生きていると考えていいのだと思います。

 

 

 

久々に内科にかかりまして、処方箋を服用しましたら、さすがですね(笑)翌朝調子がかなり戻ってきていました。

しかし本調子まではもう少し静養が必要と実感しているので、いまはできる範囲内のことだけに目を向けようと思います。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その50

【Series Herbie Hancock

 

Directstep / Herbie Hancock

 

f:id:maruyamabase:20170309171929j:plain

f:id:maruyamabase:20170309171950j:plain

 

SRCS-9503

 

 

1.Butterfly
2.Shiftless Shuffle
3.I Thought It Was You

 

 

personel

 

Herbie Hancock(Rhodes EI-P,Clavinet,Probet,Yamaha CS-80,Mini-Moog,Sennheiser Vocorder)
Bennie Maupin(ts,ss,lyricon)
Paul Jackson(b)
Bill Summers(perc)
Ray Obiedo(gt)
Webster Lewis(Hammond B-3,Prophet,Yamaha CS-40,Arp Strings Ensemble,Multi-Moog,Rhodes EI-P)
Alphonse Mouzon(ds)

 

録音日
1978年10月17・18日 東京ソニー信濃町スタジオ

 

 


エレクトリック・ハービーを代表する曲である「バタフライ」を収めた1枚。

当時のことを解説書から読み取ると「ダイレクト・カット・レコーディング」の文字があります。
読み進めていくとミスが出来ないという文言があることから、1発録りのようなものかと想像できます。
ハービーは電子楽器を駆使しては名作を次々と生み出しました。それはまるでマイルスの遺言を護っているかのようにも見えます。
とはいえ、時代がこのような楽器を生み出した背景もあるので、誰かしらこの楽器でジャズを演奏することは想像に難くなく、予め見えていた未来でもあります。

 

 

 

数年ぶりに内科にかかりました(汗)

インフルエンザではないようなので一安心ですが、免疫力落ちたかな・・・

 

ぼーっとしてしまう時間が多いので、きょうも1枚引いてみました。

 

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その49

【Series Herbie Hancock

 

 

Monster / Herbie Hancock

f:id:maruyamabase:20170309171331j:plain

f:id:maruyamabase:20170309171350j:plain

 

SRCS-7028

 

 

1.Saturday Night
2.Stars In Your Eyes
3.Go For It
4.Don't Hold It In
5.Making Love
6.It All Comes Round

 

続きを読む

【活動報告】7年目の3.11で行われた「きぼうのワークショップ」を担当してきました。

昨日、そして今日と、地下歩行空間では東日本大震災に関するシンポジウムや展示など、さまざまなイベントが催されました。

 

f:id:maruyamabase:20170311230340j:plain

 3月10日のもよう。

 

 

とくにきょう、3月11日は震災当日ということもあり、テレビ局アナウンサーによる朗読や、ニュース、ラジオなどでの媒体による紹介がされていたようです。

 

ぼくは自宅で報道特番を見ながら、午後2時46分に黙とうを捧げていました。

 

 

続きを読む