とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その64

【Series Sideman of John Coltrane

 

Traneing In / John Coltrane With Red Garland Trio

f:id:maruyamabase:20170402112818j:plain

f:id:maruyamabase:20170402114443j:plain

 

VICJ-2137
prestige7123

 

1.Traneing In
2.Slow Dance
3.Bass Blues
4.You Leave Me Breathless
5.Soft Lights And Sweet Music

 

personel

 

John Coltrane(ts)
Red Garland(p)
Paul Chambers(b)
Art Taylor(ds)


Rec:Aug 23,1957

 

とうとうリーダー格のひとり、レッド・ガーランドをさしおいてトップに名前が入ったコルトレーン
というのも当時のコルトレーンは自身のリーダーアルバムが好評を受けるなどして急激に実力と人気をつけてきたから。
編成はあくまでトリオ(3人)という表記なので頭にはガーランドが来るはずなのですが、ゲストプレイヤー扱いになtyているコルトレーンが先にくるのは、とても不思議な現象です。
とはいってもこの4人編成は代表的な組み合わせのひとつなので、シンプルにジャズを楽しむことが出来ます。
ブルース色が強いかな?と思いつつも、それを緩和させるメロディプレイが響いたりと、ジャズの幅の広さを感じさせてくれる本作品は、レッド・ガーランドそしてジョン・コルトレーン双方にとって記念碑的な作品だと思います。

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その63

【Series Herbie Hancock

 

Sunlight / Herbie Hancock

f:id:maruyamabase:20170402114251j:plain

f:id:maruyamabase:20170402114303j:plain

 

SRCS-7168

 

1.I Thought It Was You
2.Come Running To Me
3.Sunlight
4.No Means Yes
5.Good Question

 

personel

 

ハービー・ハンコック(p,kb,synth,vo)
ワー・ワー・ワトソン(g)
ハービー・メイソン(ds)
レイ・パーカーJr.(g)
トニー・ウィリアムス(ds)
レオン・チャンクラー(ds)
ベニー・モウピン(ss)
ジャコ・パストリアス(b)
ビル・サマーズ(per)
ポール・ジャクソン(b)
ラウル・レコウ(cong)

etc

※英語表記がないため、カタカナ表記とした


ハービーがヴォコーダーを初めて使用した「ヴォーカルデビュー」アルバムになっています。
ということは、ここから彼のヴォーカルが吹き込まれた作品が多数出てくるわけなのですが、最初はいいとしても、どんどんそれが違和感に感じてくることも。
このアルバムではひとまずお手並み拝見といったところになるのでしょう。

注目はジャコ・パストリアスがベースで参加していること。

当時はフュージョン全盛のとき。
となれば新しい音を探求する時代でもあったように感じます。
そう考えれば自分の「声」でさえもサウンドのひとつになりうるとひらめいたとき、自然と私たちも同じような試みをするのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。

整理棚からひとつかみ。 邦楽編 その35

ノマド・ソウル / 元ちとせ

 

 

f:id:maruyamabase:20170401191009j:plain

f:id:maruyamabase:20170401191025j:plain

f:id:maruyamabase:20170401191052j:plain

 

 


ESCL 10001-2

 

 

 

Disc 1:CD

1.トライアングル
2.音色七色
3.千の夜と千の昼
4.いつか風になる日
5.翡翠
6.オーロラの空から見つめている
7.この街
8.月齢17.4
9.百合コレクション
10.ウルガの丘


Disc 2:DVD

1.この街
2.千の夜と千の昼

 

元ちとせさんの2作目になるアルバム。
この作品を最初聴いたときには、期待通りの作品だと感じました。
前作と比べていくと段々とポップ路線を走っている印象を受けますが、どこか故郷の旋律や想いなどを散りばめたいという彼女の想いが垣間見えるようです。
松任谷由美山崎まさよしらの力を得つつ制作した、彼女の自信作だと思います。

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。

果たすということ

だれもが容易にコネクトできる世界になってしまったからこそ
だれからもつながろうという意思表示をされないことが際立ってしまう


それが孤立という見解や状態であったとしても
決してそれとは言わずに孤高だと言い張るだろう
そして知らないうちに何かに疲れていることに気づく

 

 

 

 

 

遡るとそこには不便さという名がついた制限があった
だからこそ人は工夫を凝らすようになったのだと思う


便利になってしまったからこそ反応のないことについて不安のさざ波が立つ
そして自らを安定するためのもしくは安定させてくれる存在にすがっていく

 

 

 

 

ぼくはどこかで考えなおさなければならない
ひととのつながりや自分自身との関係性を
程よい距離もそして干渉も
無言の中に含まれているということをいい加減知るべきなのだ


それを刻んだうえで孤高として立てばいい


誰も居はしないが何かが居る蒼い岸で立てればそれでいいのだと思おう

 

 

 

 

 

それが無力という寿命を蝕むものに対するささやかな
抵抗ではなく、挑戦でありつづけたい

 

 

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その62

【Series Sideman of John Coltrane

 

Dig It ! / Red Garland Quintet With John Coltrane

f:id:maruyamabase:20170402114052j:plain

f:id:maruyamabase:20170402114105j:plain

 

VICJ-2112

Prestige7229


1.Billie's Bounce
2.Crazy Rhythm
3.C.T.A.
4.Lazy Mae

 

 

personel

 

1.3.4

Red Garland(p)
John Coltrane(ts)
Donald Byrd(tp)
George Joyner(b)
Art Taylor(ds)

2

Red Garland(p)
Paul Chambers(b)
Art Taylor(ds)

 

Rec:

1.4:Dec 13,1957
2  :Feb 7,1958
3  :May 22,1957


プレステッジというレーベルのご自慢は「ブローイング・セッション」。
ブロー、つまりは ジャズなどで、管楽器を派手に吹くことがこのレーベルの目玉、ということになります。
リーダーはピアニストのレッド・ガーランドですが、管楽器にはトランペット、テナーサックスのツートップが控えており、ブイブイいわせています。
かと思いきや、これらのジャム・セッションには珍しい、管楽器抜きのナンバーが収録されているなど、変化球も織り交ぜた作品になっています。
ジョン・コルトレーンはあちこちのセッションに参加することでその実力を不動のものへと近づけ、そこからまた高みへ昇る階段を見つけることになるのですが、この作品もその途中経過を示す貴重な記録であることに違いはありません。

 

 

 

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。