とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

信仰はマチの定着と発展に貢献していた。 ~鴨々川ノスタルジア~

去る土曜日に、「鴨々川ノスタルジア」の名所を巡るガイドツアーに参加してきました。

 

昨日の日記に書いたツアーとはまた違った趣向のものとなっており、ツアー名は「薄野寺町BOZUめぐりコース」。ざっくり説明しますと、宗派を超えたお寺巡りになっております。

 

f:id:maruyamabase:20170807214102j:plain

  

実は薄野(すすきの)、寺社が多いことに気がつきます。※以後すすきのと記載

しかも、敷地が広い。これから見ても、昔からその場所に構えていたことがわかります。

すすきのを訪れた際、そういった寺社があることに何ら疑問を抱きませんでしたが、前回の、そして今回のツアーに参加することで、少しずつその背景を垣間見ることが出来ました。

 

 

続きを読む

真夏の夜の和傘と、距離が近くなった「あゆみ」。

先日の月曜日。

 

 

 

いつ以来になるかわからないほど久しぶりの、ガイドツアーに参加してきました。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170806231637j:plain

 

 

 

発端は大学教授を囲む飲み会で同席した方が、すすきのでギャラリーを開いており、自己紹介を終えた後に飛び出した「中島公園のガイドツアー」の制作を促すひとこと。そこから中島公園に関する著書を図書館から借り、読み、そして実際に公園内を歩き、そして今度は「実際にガイドを受けてみよう」ということに。そのギャラリー「鴨々堂(かもかもどう)」を始点として始まる「薄野(すすきの)ナイトツアーコース」にお邪魔をしてきました。

 

主催は一般社団法人かもテラ。協力に札幌市が加わることで、歴史の重みのようなものが増しています。

 

続きを読む

整理棚からひとつかみ。 DVD編 その4

冬のハイヌミカゼ / 元ちとせ

 

 

f:id:maruyamabase:20170608105913j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170608105950j:plain

f:id:maruyamabase:20170608105928j:plain

 

ESBL 2200


-ミュージック・フィルム-

1.コトノハ
2.精霊
3.トライアングル
4.ハイヌミカゼ
5.君ヲ想フ
6.百合コレクション
7.ひかる・かいがら
8.この街
9.心神雷火
10.37.6
11.ワダツミの木
12.千の夜と千の昼
13.いつか風になる日

 

-ライヴ・フィルム-

1.コトノハ
2.トライアングル
3.月齢17.4
4.夜に詠めるうた
5.37.6
6.精霊
7.サンゴ十五夜
8.散歩のススメ
9.ハミングバード
10.音色七色
11.ワダツミの木
12.いつか風になる日
13.三八月
14.ウルガの丘

 

 

 

 


ミュージック・フィルムは奄美大島での2008年の初ライヴを中心に構成。
自然や人々にもカメラを向けた、目と耳で楽しめるパートになっています。

ライヴ・フィルムは2004年12月8日に行われたライヴを再現したパート。


ライヴパートは2枚組CD「冬のハイヌミカゼ」で完全収録されており、両方あれば楽しさ倍増といったかたちになっています。


衣装から連想するその姿は「巫女」や「歌姫」
何となく、神様とか自然とか、そういった大きな存在に対してこの身と歌を捧げているような印象を持ちました。

カチッとこないから、更にカテゴリの数を減らしました。けどCSSはまだなの 汗。

昨日、登録してあったカテゴリを減らしました。

 

 

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

数は、およそ100のカテゴリから29へ。

 

第1段階としては、上々だと思いました。

 

 

続きを読む

カテゴリの数を減らすとともに、似ているものはひとつのカテゴリにまとめましたのでお知らせ。

隙間の時間を使い、ちまちまと仕様の変更に取り組んでいます。

 

 

とはいえ、HTMLやCSSなど、何度読んでも理解のスピードが遅く、難儀しています・・・

 

 

 

ですが往生際の悪いことに(笑)、自分である程度のカスタムをしてみたい!というささやかな欲望が、いまのところ集中を継続させています。

 

f:id:maruyamabase:20170803233706j:plain

続きを読む