とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

スピリチュアル

はらいたまえ きよめたまえ

台風18号が、日本列島を縦断していきました。 北海道へはきょうの未明ごろから、明日までその猛威を奮いそうです。 夕方のニュースでは、各地の被害や状況などが報告されていました。

スタートライン。 ~カリンパニの夜明け⑦~

ヴィパッサナーの日以降、身体が奉仕活動に慣れてきます。 そして同時に、心身の疲労感がかなりダイレクトに伝わるようになってきました。

ごまかすな! Not cheated!

比較的長い期間の「イライラ」が治まって。 これで「ひとまず引いたからいいじゃないの」と思ってしまうところなのですが。 理由と言いますか、原因を考えていました。 すると、原因ではないのですが、ふと「ごまかすな!」というワードが出てきました。 こ…

その「苦しみ」という刃物は、いつの間にかぼくの心に深く深く刺さっていた。 ~カリンパニの夜明け⑥~

何であんなに苦しんでいたんだろう? いま思うと、とても不思議に思います。 そのギャップは一体どこから生まれたのか?恐らくその「理由」を知っておかないと、違う場所での違ったものごとにおいて、同じような感情が生まれる可能性がある。それを防止する…

一難去って、また一難。~カリンパニの夜明け⑤~

カリンパニでの、ヴィパッサナー瞑想合宿が始まりました。 新しい生徒、古い生徒(1度でも合宿に参加し、完遂したひとを言います)さんは本格的に瞑想の修行に入っていきます。いっぽうで食事などを担当する、ぼくを含めたボランティアは、キッチン内での食器…

「つながる」実感。

先日の連休で、ちょっと「不思議だな」という体験をしました。いや、ちょっと振り返れば、これは多くのひとが経験していることかもしれません。とは思いつつも、タイムリーな出来事だと感じましたので、書き遺しておこうと思います。

書きたいから、伝えたいから、「読む」「観る」「聴く」

毎週末、寒いです。 天気も、ぐずついています。 気温自体は上がっているものの、体感は寒い。 きょうあすは、全国的に有名になりましたよさこいソーラン祭りがおこなわれます。 演者もたいへんですが、観客のかたもたいへんそう。風も多少あるようなので、…

水底(みなそこ)からの出発。~カリンパニの夜明け④~

天気もファイターズも、あまり調子はよくないようです。 札幌ドームで行われた広島との3連戦は3タテを喰らってしまいました。 中田選手の不調が痛いです。4番が凡退してしまうと、流れが止まるんだという典型をみたような気がします。その後広島に1点を加え…

日常にこそ、大切なものが内在している。

昨日は久々に札幌ドームへ野球観戦に行きました。 その前に粗大ごみなどを運び出す男手として午前中から活動していましたが、それまでひんやりしていた札幌が、この日ばかりは晴天に。汗もだくだく、少し日焼けもしたんじゃないだろうか、けっこうカロリー消…

苦しみの海。~カリンパニの夜明け③~

晴れ間が戻りました。 気温も週末に比べると上昇したものの、最高気温の予想が20度に満たないようです。 半袖は、厳しいかも。 しかしながら、晴天はやはり気持ちがいいものです。 今週の天気予報を見てみますと、6月にしては寒い日がこれからも出てきそうで…

大いなる旅は、苦しみの旅でもありました。~カリンパニの夜明け②~

きょうも札幌はどんよりとした天気となってしまいました。 時おり路面が雨で濡れるなど、夏はまだかと言いたくなるほどの寒さです。 すっかり衣替えも済ませてしまいましたし、風邪をひかないように注意しなければなりません。 こんな空模様でしたので、きょ…

多読の中間報告です。 その7

多読の中間報告も、今回で7回目となりました。 昨年冬から始めた多読。読むペースは波を打つような感じになっていますが、現在のところ中断することなく続けることが出来ています。 これは本好きだからできるものかもしれませんが、そんな本好きであっても読…

ひとは「ことば」ではなく「ことばを発したひと」を見る

今ではあらゆるところに「名言」や「金言」といったものがかんたんに掲載され、また目を通すことができるようになりました。この背景としては「自己啓発」的な面が支持されているということもあると思います。ビジネス誌では自己啓発に近い特集が何度も組ま…

大いなる旅、ふたたび。~カリンパニの夜明け①~

明日、月曜日からはニセコ町にある施設でヴィパッサナ瞑想の合宿に入ります。 実際の合宿は数日後なのですが、今回は奉仕者として参加するため、事前の準備を希望していました。そのためコース開始前に現地入りし、受け入れを整えます。 前回の記事「ダンマ…

今後の更新について。 と 多読の中間報告です。 その6

とみさわゆうじです。 いつも、弊ブログをご覧いただきありがとうございます。 今後のブログの更新について、お知らせさせてください。 今後の予定 4月29日・・・整理棚からひとつかみを掲載予定 5月1日~5月3日・・・整理棚からひとつかみを掲載します 5月8…

がらくたは「出てくる」ものではなく「見えてくる」もの。

がらくた整理を続けていると、ときおり興味深い現象に遭遇します。 これまでは必要だと思い、残していたものが、ある日突然、不要だと認識するのです。 なぜ、このようなことが起こるのだろう?少し考えてみました。 いま、必要と感じているのは、いまという…

スピリチュアルが、邪魔になる。

スピリチュアルとはいったいなんなのか? ときおり、疑問が浮かびます。 スピリチュアルと言うことばとともに、その世界が広まってからはそんなに時間は経過していないものの、神秘的な分野においてはスタンダードとなっています。 反面、それまでそういった…

合理化が直感を鈍らせる。

じぶんのこどものころから比べると、現代はとても便利な世の中になりました。 携帯電話の登場。 パソコン、インターネットの普及。 自動車にはオートマ(AT)車がマニュアル(MT)車に変わってスタンダードとなる。 様々な分野において、技術が進歩していま…

目的として、目的とせず。

※今週末まで海外滞在の予定のため、記事は自動更新でアップしております。 コメントへの返信や問い合わせ対応などにつきましては、お時間をいただきます。ご了承くださいませ。 「目的」や「目標」。 誰もが一度は定めたことがあり、達成したり、達成するこ…

おわり。そしてはじまり。~ダンマの思い出⑮~

青森で少々肌寒い1日を過ごしたあと、北海道に戻ります。 東京に滞在していたときから帰りのルートを模索しており、結果八戸港から北海道にフェリーで上陸することに。このときはまだ時間があったのと、バスや宿等の決済をクレジットカードで行うことが出来…

近いようで、遠い場所へ。東北の最たる地、青森へ~ ダンマの思い出⑭

仙台駅付近から再び高速バスに乗り、向かった先は「青森」。 このささやかな旅の、最終地点になります。 千葉県で10泊11日の合宿を終えた後に東京で2泊、そして仙台で1泊しました。最後の青森では2泊を予定しています。全行程で2週間という長さになりました。…

多読の中間報告です。 その5

開始してからもう少しで半年が経過しようとしている「多読」。 そもそもは1冊の本を通しで読もうとするとどうしても「飽きて」しまうタイミングがあるため、それじゃあ合間に他の本を読んでいこうというので始めたもの。山あり谷ありではあるものの、着実に…

「卒業」を都合のいいように使うひとたち。

ニュースでは卒業を伝える内容がここ数日流れています。 その中では、最後の卒業式など、閉校や募集終了に伴う最後の生徒を送り出すといった、時代の流れを映し出す光景が出てきます。その内容はなんとも寂しいのものですが、その志を受け継いでいく人たちは…

がらくた整理は。

きょうまでに約10kg、70点近くに及んだ荷物の発送がひと段落しました。 それらの荷物はかつて自分がコレクションしていたもの。それはそれは大層大事に保管していました。 過去記事(この時点から少し増えています) maruyamabase.hatenablog.jp これを「手放…

チャンスがあるときにこそ。仙台、また来ます。~ダンマの思い出⑬~

梅雨が明けた頃に「ヴィパッサナー瞑想」の合宿を終え、ダンマーディッチャを後にしたぼくは、まず東京の友人を頼り、数日滞在した後に都市間高速バスを利用して宮城県仙台市へ移動することにしました。 前回の日記でも触れましたが、仙台には少なからず思い…

【活動報告】札幌市・永山記念公園にて雪遊びをしてきました。

きょうはもさっと雪が積もりましたが、それまでの数日間は気温がプラスになるなど、比較的過ごしやすい天気になっていました。 しかし時折強風が視界を奪うこともあり、札幌市の近隣にある長沼町という場所でホワイトアウトが原因と思われる事故が発生。 ま…

スピリチュアルは、魔法でもなければ、錬金術でもないのでは?

昨日は久々に歩いたため、今朝は少し遅い時間まで寝てしまいました。 加えて、正座をしていた足を延ばしたときに、足がつるようになりました(汗) ヤバイ、完全に運動不足です。 昨日は珍しく午前中からサツエキ(札幌駅)周辺に外出。道庁に赴いたり、ステラプ…

これまで届かなかったものが、しっかり行き渡るようになった日。

先日、久々に行った「スペース・クリアリング」。 この効果というか、恩恵のようなものを感じました。 そもそもの出逢いは、ガラクタ整理と空間浄化を紹介していた「カレン・キングストン」の著書にあります。この方はかなり前から「クリアリング」を提唱し…

【告知】がらくた整理・マンダラオラクルカードについて、新メニューのお知らせです。

2月も下旬に入り、時間の経過の速さを痛感している今日ですが、昨日家の掃除と空気の入れ換え、そして「スペースクリアリング」を行ったことで、その後の手仕事が捗りました。 その中には長期間手をつけなかった(手をつけるのが面倒に感じた)ことまでもが何…

多読の中間報告です。 その4

今回は昨年より始めている多読の中間報告ですが、読み終った本がダンボール3箱目に突入しました。 右に重なっている箱が、読み終えた本が入っている箱。 左が3箱目。 真ん中は、がらくた整理予定のCDやDVD。 1月・2月ともに本を読む気力というか、欲が…

ルーツの場所へ。~ダンマの思い出⑫~

ダンマーディッチャから社会、または世界に再び出たぼくは、まず東京在住の友人宅にやっかいになりました。 当時は梅雨明けということもあり、北海道民には辛い気候。 それに加えて、10日間もまともに動いていないことが影響し、動くことによる疲労もすぐさ…

ダンマのあと。~ダンマの思い出⑪~

10泊11日にわたる「ヴィパッサナー瞑想合宿」が無事に終了しました。 奉仕活動(施設内の清掃等)を終え、ふたたび社会に出ました。 JR茂原駅から都心を目指したのですが、窓から見えるビル群が、都会が、とても刺激的に感じたことを今でも覚えています…

多読の中間報告です。 その3

昨年10月から始めている「多読」。 新しい年を迎えても継続中です。 きょうでおよそ3か月。ペースは変動がありますが、変わらず続けています。 ぼくの多読の仕方は1冊を一気に、読めるだけ読むというのではなく、100ページとか50ページとかで一度区切りをつ…

大いなる旅をひとまず終え、旅人は世に放たれた。~ダンマの思い出⑩~

ヴィパッサナー瞑想合宿の最終日。 普段通り朝4時に起床し、午前4時30分に瞑想をはじめます。 その後朝食をはさみ、短時間の瞑想を行い、終了となります。 ただこのまま解散という訳ではなく、奉仕活動を分担して行います。 奉仕活動は利用した施設内の清掃…

旅の終わりが、少しだけ見えてきた日。~ダンマの思い出⑨~

瞑想合宿も、佳境に入りました。 ヴィパッサナーの日を迎えてからは、瞑想をする際の意識の向け方が細かくなりました。 からだを動かすことを極力控え、瞑想という行為に大幅な時間を割り充ててきていますが、不思議と体力の低下と空腹感が強くなります。 た…

ヴィパッサナー瞑想を行う組織について少しながらでも知っていること。~ダンマの思い出⑧~

昨年夏に単身赴いた「ダンマーディッチャ」。 ここでは「ヴィパッサナー瞑想」の合宿を行う施設になっていますが、ここを運営しているのは、宗教法人ではありません。 非営利団体という点では共通するものがありますが、「日本ヴィパッサナー協会」として運…

多読の中間報告です。 その2

10月半ばころから始めている、多読の中間報告です(2日目)。 発端はアメトーーク!の「読書芸人」で、ピース又吉さんの読書術を聞いて「自分もやろう」と思い立ったことがきっかけです。 前回の中間報告はコチラ ちょうど9月によく利用させていただいてい…

静けさのなかにあったカオス。ほんとうの苦行、真の荒行はここからだった。~ダンマの思い出⑦~

ヴィパッサナーの日を迎え、瞑想の際に集中する箇所を変えることを教えられました。 これまでは「1か所固定」で集中し続ける瞑想であったのが、この日を境に「集中する先」を変えていくことに。 口で言うととてもかんたんな表現になってしまうのですが、その…

糸は1本じゃない。無数につながっているんだ。

きょうはイベントを二軒はしご。 一軒目は久々に参加した「森のCasa café」。 ここ3か月ほど予定がかぶっておりましたので、すっかり寒くなってしまってからの参加となりました。 久々に行ったので、久々の顔ぶれに逢い、久々に珈琲を手淹れで提供し、おいし…

基本のゆくえ。~ダンマの思い出⑥~

瞑想合宿5日目。 その日は、これまでの4日間とは少し異なっていました。 この日は「ヴィパッサナーの日」と呼ばれ、通常のタイムスケジュールとは少し異なっていました。 前の日の夜、講話の後だったと思いますが、翌日の予定について事前に説明があったので…

「死んだって構わない」と決めて飛び込んだことを想い出したき、苦しみの海にいても溺れ沈むことは決してないと確信した。~ダンマの思い出⑤~

ヴィパッサナー瞑想の合宿期間は、10泊11日。 これが基本で、一度参加すればその後短期間の合宿や、1dayの研修会などに参加することができます。 現在、ヴィパッサナー瞑想の合宿を行っている地域が京都府と千葉県のみ。他の地域では、既に1度合宿を終えてい…

多読の中間報告です。

きょうは札幌市中心部が熱かった。 で、札幌ドームも熱かった。 駅前通りでは北海道日本ハムファイターズの優勝パレードが、札幌ドームではサッカーJ2最終戦、コンサドーレ札幌の試合が行われました。 ちらりとパレードの番組を見てみますと、もう凄い人で…

そしていつしか、苦行のなかへ。決意を揺さぶる、荒行のなかへ。~ダンマの思い出④~

様々な感情を抱きながら身を投じた「瞑想合宿」。 1日の流れをおおよそながらも掴みつつ、ひたすら瞑想に励みます。 瞑想を始めた段階で、ぼくは不思議な声を聴きました。 それは決して、聞こうと思って聴いたわけではありません。 この合宿以外にも時折、じ…

大いなる試しを前にしたとき、夏の鳥が「聲」をもたらしてくれました。~ダンマの思い出③~

千葉県にある瞑想合宿施設「ダンマーディッチャ」。 昨年の夏、個人的にはただならぬ決意と覚悟を以て瞑想の修行に参加することを決め、身を投じました。 到着日は夕方からオリエンテーション並びにガイダンスがあり、消灯までの間に瞑想を実際に行いました…

集中することで、時間の経過の流れに恩恵が垣間見える。

きょうは午前中にデスクワーク、午後に打ち合わせなどで円山公園周辺へ外出。 途中、北海道神宮に久々に参拝へ。 太陽が出ており、とても暖かく、ときには暑く感じられるほどでした。 神宮の境内も外国人観光客でごったがえし。 神宮にとってはいいことなの…

変わるも変わらないも「姿勢」次第。本気かどうかも「気持ち」次第。

きょうもちょこちょこ。ちょこちょこ。 うさぎとかめのかめ似たようなペースで、必要なタスクを処理していっています。 昨日の日記に書いた「多読」。 1冊100ページくらいを目途にして、次の本、そしてまた次の本へと移します。 ずっと読んでいたら飽きてく…

その境界の先から、わたしを試す修行がはじまりました。~ダンマの思い出②~

昨年7月に参加した「瞑想合宿」。 向かった先は、世界的にも有名な「ヴィッパサナー瞑想」を実践する施設、千葉県にある「ダンマーディッチャ」。 帰りの切符は買わず、片道切符で身を投じることになりました。 前回の日記 maruyamabase.hatenablog.jp ちな…

現状に満足せず、新しい野球を求めた先が「優勝」でした。 日本ハムリーグ優勝で感じたこと。そして~ガラクタ整理の受付を一時停止します~

北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝を決めてから数日が経ち、昨日は戦力外通告の1発目が出ました。 日本ハムからは2選手の戦力外通告が出ました(須永・大塚投手)。 そんな時期もう来たのか・・・と思いつつ、日本ハム選手と監督についての感想を書…

「それでも。」

昨日の朝、目が覚めたときのことなのですが、目が覚めるとふいに 「それでも」 という言葉が浮かび上がりました。 その言葉を頭の中で反芻していくうちに、からだに纏っていた「何か」がほろりと、またはするりと外れていく感覚を覚えました。それはひょっと…

受け容れるということは、ていねいに生きるということ。きょうもあしたもていねいに。

今朝の北海道は、ところどころとても冷えたようです。 日中の札幌の気温は、おそらく20度いかなかったと思います。 地方によっては、朝の気温が一桁台だったところもあるようで、一気に秋の気配、そして冬の匂いが香ってきたような感覚です。 大雪山でも雪が…