読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

おわり。そしてはじまり。~ダンマの思い出⑮~

青森で少々肌寒い1日を過ごしたあと、北海道に戻ります。 東京に滞在していたときから帰りのルートを模索しており、結果八戸港から北海道にフェリーで上陸することに。このときはまだ時間があったのと、バスや宿等の決済をクレジットカードで行うことが出来…

近いようで、遠い場所へ。東北の最たる地、青森へ~ ダンマの思い出⑭

仙台駅付近から再び高速バスに乗り、向かった先は「青森」。 このささやかな旅の、最終地点になります。 千葉県で10泊11日の合宿を終えた後に東京で2泊、そして仙台で1泊しました。最後の青森では2泊を予定しています。全行程で2週間という長さになりました。…

チャンスがあるときにこそ。仙台、また来ます。~ダンマの思い出⑬~

梅雨が明けた頃に「ヴィパッサナー瞑想」の合宿を終え、ダンマーディッチャを後にしたぼくは、まず東京の友人を頼り、数日滞在した後に都市間高速バスを利用して宮城県仙台市へ移動することにしました。 前回の日記でも触れましたが、仙台には少なからず思い…

ルーツの場所へ。~ダンマの思い出⑫~

ダンマーディッチャから社会、または世界に再び出たぼくは、まず東京在住の友人宅にやっかいになりました。 当時は梅雨明けということもあり、北海道民には辛い気候。 それに加えて、10日間もまともに動いていないことが影響し、動くことによる疲労もすぐさ…

ダンマのあと。~ダンマの思い出⑪~

10泊11日にわたる「ヴィパッサナー瞑想合宿」が無事に終了しました。 奉仕活動(施設内の清掃等)を終え、ふたたび社会に出ました。 JR茂原駅から都心を目指したのですが、窓から見えるビル群が、都会が、とても刺激的に感じたことを今でも覚えています…

大いなる旅をひとまず終え、旅人は世に放たれた。~ダンマの思い出⑩~

ヴィパッサナー瞑想合宿の最終日。 普段通り朝4時に起床し、午前4時30分に瞑想をはじめます。 その後朝食をはさみ、短時間の瞑想を行い、終了となります。 ただこのまま解散という訳ではなく、奉仕活動を分担して行います。 奉仕活動は利用した施設内の清掃…

旅の終わりが、少しだけ見えてきた日。~ダンマの思い出⑨~

瞑想合宿も、佳境に入りました。 ヴィパッサナーの日を迎えてからは、瞑想をする際の意識の向け方が細かくなりました。 からだを動かすことを極力控え、瞑想という行為に大幅な時間を割り充ててきていますが、不思議と体力の低下と空腹感が強くなります。 た…

ヴィパッサナー瞑想を行う組織について少しながらでも知っていること。~ダンマの思い出⑧~

昨年夏に単身赴いた「ダンマーディッチャ」。 ここでは「ヴィパッサナー瞑想」の合宿を行う施設になっていますが、ここを運営しているのは、宗教法人ではありません。 非営利団体という点では共通するものがありますが、「日本ヴィパッサナー協会」として運…

静けさのなかにあったカオス。ほんとうの苦行、真の荒行はここからだった。~ダンマの思い出⑦~

ヴィパッサナーの日を迎え、瞑想の際に集中する箇所を変えることを教えられました。 これまでは「1か所固定」で集中し続ける瞑想であったのが、この日を境に「集中する先」を変えていくことに。 口で言うととてもかんたんな表現になってしまうのですが、その…

基本のゆくえ。~ダンマの思い出⑥~

瞑想合宿5日目。 その日は、これまでの4日間とは少し異なっていました。 この日は「ヴィパッサナーの日」と呼ばれ、通常のタイムスケジュールとは少し異なっていました。 前の日の夜、講話の後だったと思いますが、翌日の予定について事前に説明があったので…

「死んだって構わない」と決めて飛び込んだことを想い出したき、苦しみの海にいても溺れ沈むことは決してないと確信した。~ダンマの思い出⑤~

ヴィパッサナー瞑想の合宿期間は、10泊11日。 これが基本で、一度参加すればその後短期間の合宿や、1dayの研修会などに参加することができます。 現在、ヴィパッサナー瞑想の合宿を行っている地域が京都府と千葉県のみ。他の地域では、既に1度合宿を終えてい…

そしていつしか、苦行のなかへ。決意を揺さぶる、荒行のなかへ。~ダンマの思い出④~

様々な感情を抱きながら身を投じた「瞑想合宿」。 1日の流れをおおよそながらも掴みつつ、ひたすら瞑想に励みます。 瞑想を始めた段階で、ぼくは不思議な声を聴きました。 それは決して、聞こうと思って聴いたわけではありません。 この合宿以外にも時折、じ…

大いなる試しを前にしたとき、夏の鳥が「聲」をもたらしてくれました。~ダンマの思い出③~

千葉県にある瞑想合宿施設「ダンマーディッチャ」。 昨年の夏、個人的にはただならぬ決意と覚悟を以て瞑想の修行に参加することを決め、身を投じました。 到着日は夕方からオリエンテーション並びにガイダンスがあり、消灯までの間に瞑想を実際に行いました…

その境界の先から、わたしを試す修行がはじまりました。~ダンマの思い出②~

昨年7月に参加した「瞑想合宿」。 向かった先は、世界的にも有名な「ヴィッパサナー瞑想」を実践する施設、千葉県にある「ダンマーディッチャ」。 帰りの切符は買わず、片道切符で身を投じることになりました。 前回の日記 maruyamabase.hatenablog.jp ちな…

あの夏、わたしは大いなる旅に出ることを決めた。~ダンマの思い出①~

2015年、初夏。 わたしは、今後の生き方について考えていました。 その時点でのわたしは、ネガティブ感満載の人間でした。 悲観的な人間でしたし 劣等感を抱いていましたし 自己否定をしていましたし 無力感を感じていました。 そして何より、生きていくこと…