つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

きょうはちょっと珈琲の話。

こんばんは。

 

 

楽天ブックスで現在の仕事関連の本を購入したあとに図書館に行きましたら、なんと注文した本が蔵書としてありました(そんなにメジャーな本ではないので驚きました)。

 

急いで注文キャンセルをしようと試みましたが、間に合いませんでした(笑)。

 

 

 

 

 

さて、本日から八雲神社のお祭りが行われています。

 

本日は宵宮祭。

明日が御輿渡御になります。

 

f:id:maruyamabase:20180620233052j:plain

本日は夕方から雨になっています。明日はどうなるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

きょうの日記は、少し珈琲のことを書こうと思います。

 

続きを読む

覆す話。

 ベタですが、サッカー・ワールドカップのグループリーグ戦において、日本がコロンビアを破る金星を挙げました。

 

 

その試合を自宅ではなく、北海道八雲町にある老舗ジャズ喫茶「嵯峨」で鑑賞。

夕食と珈琲をいただいて帰るはずが、試合終了まで居座ってしまいました。

 

 

 

聞くところによりますと、下馬評では日本の劣勢だったようです。

加えて、予選通過も難しいとみられているようです。

 

 

それが実際にはどうなのかというのは、ぼくにはわかりません。

 

 

ただそこから聞こえてくるのは、自分がこれから何かをやろうとしているのに、早々に言い訳をしてしまい、失敗ありきな空気を出してしまうかのようなものでしかありませんでした。

 

 

言い訳をするなとは言いません。するなと言っても、なかなかできるものではありません。

しかしそれが毎回になりますと、それが普通になってしまいます。

他とは明らかに違うというものがあったとしても、自分はそれに気づかぬままになってしまいます。

 

それって、とても惜しいことだとは思わないでしょうか。

 

 

 

地震が起きた地域は、いま必死に堪えています。

これがいつまで続くでしょうか。

その中で、どこかで言い訳をしてしまうかもしれません。

それは、この状況下では、仕方のないことなのだと思います。

 

しかし、それをいつまでも続けていくわけにはいかないのです。

それに慣れてしまいますと、何かが「確定」してしまいます。

そうなると、大きな変化を生むことが出来なくなります。

自分の置かれている状況を、大きく変えていくことが出来なくなるのです。

 

 

どこかで、日常は必ず流れています。

その流れから、どうか離れないでください。

日常に身体を置くことこそが、変化の第一の条件なのです。

変化とは、1度でも180度でも、変化なのです。

 

 

 

覆す、とはどういうことを指すのでしょうか。

まさしくそれは「逆転する」ことだと思います。

 

この世界では、色々なことが要因となって「堕ちてしまう」ことがあります。

そこで自分に言い訳をしてしまい、しょうがないのだと「認めて」しまいますと、堕落したままとなってしまいます。

 

意識的にではありませんが、この状況を「自分が必ず覆す」という強い気持ちでいたならば、誰もが予想もしなかった、見下していた展開を覆すことが出来るのだと思います。

 

 

ぼくも偉そうなことは言えません。

言い訳を連続し、それを後になって激しく後悔しました。

そして今は、人知れず「本気」になっています。

それはしばらく逢っていない人が見ましたら、驚くことと思います。

 

目的は、ありません。

単純に、自分が納得したいからということだけです。

そのために、どのような状況に置かれても、誰かがこれはこうだとかああだとか「決めつけて」も、それは決まったことではないので、その決めつけを「覆す」ことに本気になります。

 

 

今夜の日本代表のゲームは、よい姿だったと思います。

まさしく「覆す」ために「本気」になったんだなと感じました。

世界的に活躍される選手たちの本気の姿は、全世界に波及します。

それが表す影響と展開に、注目したいと思います。

 

今夜はぼくも、「本気」をもらいうけました。

明日からまた、本気になろうと感じました。

気がつけばあと数日となった、北海道八雲町のお祭りの話。

気が付けば来週の話になっていました。

 

 

 

 

何かといいますと、コレ。

 

f:id:maruyamabase:20180616220949j:plain

 

そう。ホコ天(歩行者天国)。

 

 

 

じゃ、なくて(笑)

 

 

地元、北海道八雲町の「やくも祭り」が来週に迫ってきていました。

続きを読む

風物詩の話。

きょうの出勤時ですが、ちょっとした変化に気がつきました。

 

 

 

 

f:id:maruyamabase:20180615224237j:plain

 

 

写真を見ますと「なんのこっちゃ?」と思いがちなのですが、実はこの道は住宅街にある道で、バス通りなどの大きな通りではないのですが、白線が引かれていることに気がついたのです。

 

これはこの時期特有の出来事で、春から夏にかけての風物詩となっています。

 

 

続きを読む

北海道八雲町にある「街道」の話。

 非番の日ですが、今のところ月に1回のペースで函館市に車を走らせています。

目的は買い物なのですが、折角なのでお食事も・・・という流れが最近できています。

移動経路は高速道路が主だったのですが、先日初めて八雲~七飯間を一般道で向かいました。ちなみに七飯~函館間は高規格道路である函館新道(現在は無料で通行可能)がありますので、そちらを利用しています。

 

その道すがら、いつも通り景色を楽しみながら走行していましたところ、気になる看板を見かけました。

 

 

走行中だったので写真に収めることは出来なかったのですが、その看板に描かれていたもの。

 

それは「ホタテ」でした。

 

続きを読む