読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

「引越業者」を決める。未知の世界と向き合う。

ガラクタ整理 season2【引越編】 Oracle Card No.27[Emergence]

「引っ越し」


引っ越しも人生にそう何度もしない経験であり、ましてや引っ越しをどこにお願いするかなんてわかんねぇ!という印象がありました。

 

日々の生活の中ではテレビやラジオ、折り込みチラシなどではたくさんの引っ越し業者がアピールしてきますね。


時期的なものもありますが、一番印象的な春を前に進学や就職などで引っ越しが盛んな時期には、こういったアピール合戦が毎日のように繰り広げられています。


繁忙期を意識した結果、我が家の引っ越しは時期をずらして「6月」と設定し、いざ引っ越し業者を探すことに。


業者探しを任されたので、よくある「比較サイト」を経由して見積もりを取ることにしました。


わたしはポイントサイトに登録をしているので、ネットでの買い物、宿の宿泊などではポイントサイト経由で目的のウェブを訪れ、手続きを行っています。
その中には買い物ではなく「見積もり」を対象としたポイントサービスがあることをご存じでしょうか。

 

ひんぱんに目にする内容としては

・各種保険の比較見積もり(自動車保険が顕著かも)
・車の比較見積もり
・引っ越しの比較見積もり

があると思います。


確かよく使うサイトでもあったなー、と思い、早速登録。

当時引っ越しの比較サイトは2種類ありましたが、どちらも登録されている業者はほぼ同一。
登録業者は10件ほどあり、その中でも8割ほどは両方のサイトに登録してありました。

 


そうなんです。
見積もり依頼を行うと、一気に対象の地域にある業者に引っ越し情報が送られることになります。

なので、そのあとのメールや電話対応は一気に忙しくなりますので、そこが面倒であれば1社ずつ見積もり依頼をすることをお薦めします。

 

わたしが引越しの見積もり比較サイトを利用して、連絡が来た業者さんは

1.引越屋本舗
2.引越のプロロ
3.引越のサカイ
4.グッド引越センター
5.センターズ(引越マニア)
6.アート引越センター
7.日本通運
8.ハート引越センター
(順不同)

でした。

その他、個別に

9.ヤマトホームコンビニエンス
10.引越屋バンバン


にも見積もりを依頼しました。


合計「10社」!!!

アホか、という感じになってきました(笑)

 

しかしながらここで考えていたことは

 

「引越の適正価格を知らないから、可能な限り比較する」


でした。

 

引越はよほどのことがない限りは経験する回数は少ないものです。
そのため、安価な業者をお願いしては家財道具が破損したり、逆に業者の言い値で高額になったりとしていた事情があります。
(この話はあくまでわたしの周りでの経験談です。)


そのため、短期間ではありますが業者の「営業」さんその人も含め、各種説明や金額、そしてサービス内容などを聞いていこうと思ったのです。

 

短期間のため1日2社ほどの見積もりと説明を受けることになり、最終的にこの中から1つの業者さんにお願いすることになりました。


実際に当時の「見積書」もあるため、当時のことを思い出しながらまた書き出していきます。

 

※文章を一部追記訂正 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今日のオラクルカードは

 

 f:id:maruyamabase:20160131143515j:plain

 


No.27「出現」です。

エマージェンス、という発音を聞きますと、

 

よく耳にするのが「エマージェンシー」という単語なので、ちょっとイメージが違いました。
調べてみたところ、それぞれ独立した語としてあるようです。


エマージェンスの意味は

「出現」

が主たる意味ですが、専門分野での用語別にみていくと


「離水」

「羽化」

「覚醒」

「出芽」

「発現」

「上陸」

といった表現もあるようです。

 

キーワードは「登場」「浮上」「世に知られる」「公示」

 

となっています。

 

 


あなたの中にあるエネルギーはじゅうぶんです。

準備は整いました。


さあ!おまちかねです。あなたの出番がやってきました。


満を持して、舞台にあがってください。
あなたを知らないひとたちは 自信に満ちたあなたの姿を見てもなんとも思わないかもしれません。
逆にあなたの姿を見て不快に思うかもしれません。


ですが、愛と慈悲に満ちたアクションが展開されたとき、あなたを見る目ががらっと変わることを感じます。

 

 

そこにはすでに歩むべき道があることに気がつくでしょう。

 

 

 

これまでずっと居続けた場所を離れることは辛いことです。
しかしそれは、新しい世界へ「場所を移す」ためには必要なことでなのです。

 


みんなはあなたを待っています。
世界はあなたを待っています。
地球はあなたを待っています。


銀河はあなたを待っているのです。

 

------------------------------

とりあえずですが、1か月間毎日記事を無事に更新することができました。

このブログを訪れていただいた皆様に感謝申し上げます。

 

明日よりまた1つずつ歩んでまいります。

 

まるやまベース:代表 冨澤祐二

 

 

※今日のオラクルも文章を一部追記しています。