読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

いざ梱包開始!そしてモニターセッションの告知です。

やっと、引越を依頼する業者が決まりました。

ここまででも長い道のりだったと思っています。

 

 

 

そして後日、家財道具を運搬するのに必要な備品が届けられました。


※見積書をもとに記載※
(実際の数量とは異なる場合、搬入タイミングのずれあり)


ダンボールSサイズ・・・25
ダンボールMサイズ・・・25
ダンボール・・・・・・4  (着物用)
ガムテープ・・・・・・・2
赤・黄テープ・・・・・・各1
クレープ紙・・・・・・・100枚
布団袋・・・・・・・・・2
ハンガーボックス・・・・9
テレビケース・・・・・・1
シューズケース・・・・・1
エコ楽ボックス・・・・・1


を貸与または無料でいただくことができました。

上記内容については引越各社ともに似たような内容だと思います。
あとは消耗品の数量に若干の変化と、各社独自の梱包用品があるかないかの違いです。

 


まずはダンボールに荷物を詰めていくという作業から始まります。

仕事から帰宅して、空いた時間を利用してのフル稼働。
引越当日までの間、時間はあるようでありません(あっという間になくなります)。

そのため、5分前行動よりももっと早めの行動(どんなだ)をとることを心がけて行うことにしました。

 


どれから荷造りをしていくか=荷造りしやすいか。


てっとり早く出来るのは「CD」や「本」などの「薄くて四角いもの」でした。
考えずにとりあえず詰めることが可能であるためです。


しかしながら、前回のガラクタ整理で大幅にモノを減らしたにも関わらず、いざダンボールに入れてみるとあっという間に数箱使い切りました。
おまけに「ちりも積もれば山となる」方式(どんなだ)で、ある程度箱に詰めてしまうとそこそこの「重さ」になってしまい、運搬するのも難しくなるので箱いっぱいに詰めることもできず。
それでも詰めていかないと引越は出来ないと思いつつ、残りの箱の数は考えずに詰めていきました。

 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-


けさ引いたオラクルカードは

 

 

 

f:id:maruyamabase:20160218184100j:plain

 

No.26「平和」でした。

 

キーワードは「静寂」「調和」「静止」「悠揚」


「ストレスを解放し、手に負えないことで苦闘を続けるのはやめましょう。」
「自分の力では変えられないことを受け入れ、高次の計画を信頼してください。」

マンダラを見たクレッグは上のように解釈をしています。

 

 

 

 

 

平和とは、どういったことを指すのでしょうか。

 

静か、穏やか、あたたかいなど、さほど「ざわざわ」していない雰囲気を思い浮かべるかと思います。

 

しかしながら、世間はそういった状況から「故意」に「不安」」を抱かせるなどして煽り、商売や世論を動かそうとしているふりが見えます。
それは「平和」に慣れてしまった・飽きてしまったからではなく、逆にそうすることで相手の心情等を刺激して市場を活発させたいという意図が見えるようです。

 

 

ひょっとすると、わたしたちはまだ「平和」に慣れていないのかもしれません。

または「平和」とはどんなものなのかをまだ「知らない」状態なのかもしれません。

そうなると、わたしたちは平和に対して「幻想」を抱いている可能性があります。

 

 

ほんとうの平和とは何か、平和とはどんな状況を言うのか。

自分の中にある平和というものを、目を閉じながら考えるときがすぐそばまで来ています。

 

 

 

ひとは常に動くことで状況を打開し、成長を遂げると考えられています。

では「動かない」ことは、成長につながらないのでしょうか。

 

 


静寂のなかに自分を置いて、考察していくことも立派な成長です。


目に見えない成果は成果として把握されない風潮がありますが、それこそ本来求めるべき「成長」であり「癒し」につながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

平和は「展開」の入り口です。

その扉の先に、今を、自分を信じて進む道が広がっているのだと思います。

 

 

*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

きょうで1ヶ月連続でオラクルカードを紹介することが出来ました。ひとまず安心しています。

引いていて思ったのは、よくある「タロットカード」とは性質が異なるもので「良くないこと」は書かれていません。

すべてのカードが「誰かの背中を押す」ために存在しているのだなと感じました。

 

 

現在のわたしのリーディング(読む)やライティング(書く)の状態を知りたいと思っていましたが、まずは1か月間毎日カードを引いて感性や読む・書く力をつけていこうと考えました。

 

 

で、無事に1か月間経過しましたので、次のステップに進んでみたいと思います。

 

 

 

それは「モニターセッション」

 


モニターなので今回の料金設定はなし。

現在いくつかのプランを考えていて、それぞれのプランに数名の募集をかける予定でおります。

一応アンケートを用意しますので、セッション後はその項目に答えていただくという方式を取りたいと思います。

 

 


詳細な内容は明日のブログにて告知し、募集を今週土曜日「2月20日」より開始したいと考えていますので、少しのあいだお待ちいただければと思います。