読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

荷造り・手続き・手配・・・何事も段取りを組むのが大切です。

※本日は帰りが遅くなる可能性があるため、本編のみアップしておきます。

オラクルカードは帰宅後に追記します。

⇒追記しました。

 

 

 

 

さて今回は引越に伴う各種変更手続きについて書いていきます。

 

 

 


いまの時代は新しい家が決まりますと、不動産屋もしくは別のところから1枚の用紙をもらいます。


その用紙には「引越に際する必要な手続き」がおおよそ掲載されています。
あとはこれに、自分の家にある分での必要な手続きを付け加えていくだけ・・・となります。

 


わたしも引越に際する手続きの項目を書いた紙をそのまま保管していました。
※その他この時期に合わせてやっていたことも書いてありました。

 

 

 


せっかくなのでここに列挙していこうと思います。


1.電気
2.ガス解約
3.ガス契約(移転前と移転後でガス会社が異なるため)
4.水道
5.NTT
6.火災保険の解約と新居での新規手続き
7.NHK
8.駐車場の契約
9.キッチンテーブル注文(カタログ通販)
10.洗濯機注文(家電量販店)
11.電話機購入(前の電話のFAXが調子悪いため)
12.引越業者選定
13.大型ごみ(イス・こたつ・ガラステーブル・テレビ台等)
14.ソファ注文(通販)
15.壁面収納注文(ネット)
16.ベッドフレーム注文
17.郵便局
18.PCリサイクル手続き
19.車両重量税納付
20.蛍光灯処分
21.燃やせないゴミ-合計13袋と記載


当時はこうやって書いておかないとすぐに忘却の彼方へ追いやられるため、チェック項目を作っていました。


そのほうが自分以外の人にも進捗状況がわかるのでいいのかもしれません。

 

 

 

そして、変更手続きには

 

・電話で対応可能のもの
・インターネットで対応可能のもの
・窓口で対応可能のもの

 

と分かれていきます。

 


短時間でなくてもいいので、効率よく行えば、1日~2日ほどで必要な手続きの大半は行うことが可能です。

 

大型ごみの場合は電話連絡をして何を捨てるかを伝えた上で、所定の金額のシールを買いにいくという流れ。


ゴミ出しのタイミングが週に1度なので、ある程度まとめて行っていました。そのため負担もだいぶ軽かったと記憶しています。

 

これに、注文した商品の搬入の日時の調整などを加え、荷造りでひぃひぃ(笑)言っている反面、わくわくしながら当日の朝を迎えることになります。

 

 

 

引越の日は日曜日で、契約の関係上、月初めから借りることになっているのでその前日(土曜日)から入居は可能となっていました。


そのため、各種通販で購入した商品の大部分は土曜日の搬入にし、引越の荷物は日曜日に搬入することにしました。

 

 

 


ここで、いつもの引越にひとつ、付け加えて行ったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 


それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空間浄化です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについては、次回の日記にてお伝えします。

 

 

 

モニターセッションは今日までの募集となっております。

まだ定員には達しておりませんので、検討中のかたはお早めに。

→締切ました。

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

きょうは会食の予定があり、さきほど戻りました。

 

午前中から降り続いていた雪ですが、朝方にがっちり除雪した後も細かく降ってはいたものの、そこまでの積雪には至らずにいたようでほっとしています。

 

 

そんな中、引いたカードが

 

 


No.57「マスターサイキック」でした。

 

f:id:maruyamabase:20160120094045j:plain

 

 

キーワードは「高い直観力を持った人」「神秘家」「達人」「先導者」

 

 

 

 

「マスター」そして「サイキック」。

文字だけを見ると、スターウォーズのマスター・ヨーダみたいな人のことを言うのかな、という思いがよぎりました。

 

 

 

 

 

 


英和辞典を引いてみますと


「master(マスター)」

名詞・・・達人・先生・支配者
形容詞・・・偉大な・基本となる・~を操る
動詞・・・~に熟練する・克服する


「psychic(サイキック)」

名詞・・・霊媒・心霊現象に感じやすい人
形容詞・・・精神の・超能力のある

 

となり、これをつなげてみると

 

「超能力に長けた人」「超常現象を操る人」「精神的に上の段階に進んだ人」

と、読めると思います(一部意訳を含めました)。

 

 

これらの能力は、現在はごく一部の人にしかありませんが、かつては誰もが持っていた能力だと考えています。
しかし時代が進むにつれ、そういった能力は退化していったのかな、と個人的には思っています。

 

でも、普段の生活の中で「これは!?」と思うことが時折あると思います。
それは、上記のような特殊能力の片鱗をあなた自身に見せていることだと解釈してもいいと思います。

 


退化はしたけれども、完全にはなくなっていない。

記憶としては忘れてしまっていても、細胞のひとつひとつは記憶としても覚えているし、その力をいつでも発動できる状態に実はあるのではないでしょうか。

 

 

 

 


達人と言いますと、日本では名工や人間国宝のような、作品や芸が特級のものを持っていらっしゃる人を思い浮かべます。
そこに至るまでには何十年と研鑽を積み、ひとつのことに一筋に生きてきた方が多いと思います。

そのような「極めた」人生を、誰もが送ることは叶わないと思っていらっしゃるでしょうか。

 

 

 

 

 

いいえ、これは、誰にでも実現可能だとわたしは考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


修行に修行を重ねてその境地に行きつくことも可能だと思いますし

 

感性を磨いて未開の分野を広げていくことも可能だと思います

 

人間には、それが出来ます。

 

あなたにもできるのです。

 

 

 

 

 

 

「前例がない」「初めての」分野に関しては、周りの人たちは否定的になってしまいます。

 

それでも、大きな信念をもって未開の分野の開拓に尽力し、功績を認められる人たちは必ず現れています。

 

考えてみてください。昔のほうが「前例がなく」「初めて」のことだらけだったはずです。それを現代では「前例がないから」「初めてのことだから」と言って否定する。
残念ながら時代は大きく変わってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちは、何のために生きているのでしょうか。
わたしたちは、何のために動くのでしょうか。

 

その原点に立てたときにこそ、あなたの中に秘められた「偉大な力」が目覚めるのかもしれません。

 

20160225 0:20 きょうのオラクルを追記