読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

スペースクリアリング(空間浄化)。それはそこでより善い時間を過ごすための「祈り」です。

引越前に行ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それは「空間浄化」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


これを引越荷物の搬入前にやりたいと提案を受けたときは、正直「???」でした。

 

 

 


そもそも「空間浄化」って何?という感じでしたから・・・・・

 

 

 

 

 

という訳で、渡されたのが1冊の本でした。

 

 

 

 


タイトルは「ガラクタ捨てれば未来がひらける ~風水浄化術入門~」 小学館文庫

著者はカレン・キングストン(英国人)

 

 

 

 

 

 

 

プロフィールを見ると、かなり前から日本でいう「断捨離」を実践・研究してきた人だとのこと。


なので日本で広まった「断捨離」よりは歴史があるという認識でいます。

 

この方は風水にも通じているようで、そこで生まれたのが「ガラクタ整理」と「空間浄化」だそう。

 

 

この本には「自宅向け」として空間浄化のやり方がレクチャーされています。

 

 

 

 


ではなぜ「空間浄化=スペース・クリアリング」を行うのが良いとされているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

まず、この世界にはいろんな「エネルギー」があるとされています。それは皆さんもご存じのはずです。


その多種多様なエネルギーに囲まれて生活をしているわけですから、自分の生活空間に存在するエネルギーはできるだけ「清浄」な状態であればいいと考えられています。


しかしながら、エネルギーは時間が経つごとに変質していきます。
はじめは良いエネルギーだったものが、時間が経つにつれ「滞った」ものへと変化していきます。

 


それは決して目に視えるものではなく、感覚として感じるものだとされています。

 

 

 

わたしたちも「雰囲気」といった表現で、その利用する空間を形容しているはずです。

その雰囲気が良いものでなければ、その空間に滞在しても「良い影響は決して受けず、かえって悪影響を及ぼす」ということになります。
加えてそのエネルギーは「蓄積」されていきます。まさしくゴミ等と一緒なわけです。


ゴミは定期的に掃除を行えばある程度は除去できますが、エネルギーはそうはいかない、といったところです。

 

 

 

 


「そんなの、関係ないでしょ」

 

はいはい。ごもっともです。
そう思われても仕方ないですよね。

 

 

 

 

でも

「居心地がいい」

 

と感じる部屋と、一刻も早く後にしたいと感じる部屋がある。

そういった経験はされていないでしょうか。

 

それが部屋にある「エネルギー」だとしたら。

自分が生活している場所における「エネルギー」だとしたら。

 

居心地がいいものがいいでしょうか。

それとも、なんともいえない雰囲気のものがいいでしょうか。

 

と、ここでは問いかけをしておくに留めておきます。

 

 

 

 

 


今回は家人からの提案で我が家ではこの「空間浄化」を行うことにしました。


理由としては

・前々の住人の生活していた「エネルギー」が残っているから一度リセットしたい
・ここでの生活を「良いもの」にしていきたいから空間もキレイにしたい

が、主な理由となります。

 

 


つまりは

 


この地で「最高のスタート」を切るための起点としたい

 


ということでした。

 

 


当時のわたしは「まぁそういうことなら・・・」という感じで了承し、まだがらんとした室内で空間浄化を行うことにしたのです。

 

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


きょう引きましたカードは

 

 

 

f:id:maruyamabase:20160225220139j:plain

 

 


No.48「認識」でした。

 

キーワードは「気づき」「認識」「把握」「洞察」

 

 

 


なんとなくという考えですが、人は長い時間と労力をかけて「気づき」を得るものだと思っています。

無論、把握することも洞察をすることに関しても、その礎となるものがなければ行うことは出来ません。

 


しかしながら、わたしたちは常に「ヒント」をもらっているとしたら、果たしてどう思うでしょうか。

 

 

テレビ番組での出演者のコメントや歌の歌詞、新聞での記事やネット上のコメントなどなど。
そこに「気づき」を得ることも今は少なくないはず。

もはや、そこまでのプロセスに「時間」は関係なくなってきているのかもしれません。

 

 


あなた自身が塞ぎこんでしまっていては、得られるものも得られないし、気づけるものも気づくことはできません。
逆に日々の出来事を楽しみ、今を生き切るという気持ちでいらっしゃれば、実に多くの材料を受け取ることができます。

 

頭の中で行われている洞察⇒気づき⇒認識⇒把握のプロセスは、頭の中だけで完結させてはもったいないことだと思います。

 


それをアウトプット、世の中に出してこそ他の人たちにも「気づき」を与え、世界が認識していきます。

そうすることで、小さな波紋からやがては大きな波に変わって、時代が動く原動力となります。

 


過去わたしたちの祖先はそのようなムーブメントを起こしてきました。

 

 

 

 

それが、わたしたちにできないはずがありません。

 

 


You are light.

 

このカードに刻まれている、文章の最後にあることばです。

 

 

 

 


わたしたちは闇の部分ももちろん抱えています。


しかし、あなたは「光」であるとこのカードは断言しています。

 

 

 


そこから感じる「無限の可能性」を、この時代は感じてほしいのだと思います。