とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

東京の空の下。

スマホからの更新のため、編集がうまくいっていない可能性があります。ご容赦ください。
 
※3月1日に写真を修整。加えてオラクルカードをアップ。ブログ中の文章を一部修正
 
 
 
 
 
 

今日はひさびさに早起きしました。

 
 
朝風呂入ってきて、戻ってカーテンを開けてみたら
 

f:id:maruyamabase:20160301165753j:plain

なんと、部屋の窓からスカイツリーが。
 
思いがけない形でギフトをもらったような感覚です。
 
 
 
 
明日には天気が崩れるとの予報であったため、講座を受けにいく前に日枝神社明治神宮に参拝。
 

f:id:maruyamabase:20160228213556j:image
 
こちらが日枝神社
 
 

f:id:maruyamabase:20160228213620j:image
 
こっちが明治神宮
 
 
 
午前中の早い時間では空気がひんやりと気持ちよく、健やかな気分になりました。
 
 
 
講座のあとは外苑前にあるお店でのイベントにお誘いをいただいていたので、まったり顔出し。
 
 
 
そしてようやっと宿に戻りました。
 
 
東京滞在中のことは札幌に戻ってから改めて触れたいと思います。
 
 
 
^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_^_
 
まだ、夜明けだったのですが、早い時間に引いたカードが、
 
 

f:id:maruyamabase:20160130214715j:plain

 
 
No.38 慈悲 でした。
 
 
 
キーワードは『仁愛・好意・神聖なるギフト・道義心・哀れみ』
 
 
 
朝風呂をいただき、部屋に戻りカーテンを開けたところ、きれいに東京スカイツリーが見えました。
 
 
 
ちょうど目の前に遮るものがなく、また雲ひとつない天気で、朝陽で輝くさまを見ることができました。
 
 
 
 
 
 
 
これも『神聖なるギフト』にはならないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
東京にお住まいの方であれば、すでに見慣れた光景なのかもしれないのですが、たまにしかこない側の人からすると、一気にテンションが上がり、嬉しい、そしてありがたい気持ちになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
大事なことは『日常には、仁愛やギフトは常に在る』ということを、どうか感じて欲しいのです。
 
 
 
 
 
 
 
今日は、東京マラソンでした。
私が泊まっている宿にも参加されたと思われる人がいらっしゃいました。とても長い距離を走るのは、いったいなんのためでしょうか。
 
 
 
様々な理由はあると思いますが、過去長い距離をゆく人の想いの中に『何かをもたらす』という強い気持ちがあったことは確かだと思います。
 
 
 
 
 
このカードを描いた秋山さんのことばに
 
 
『信じてください』
 
 
ということばが刻まれています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうか、ご自身を信じてください。
想いを寄せるお相手を信じてください。
 
屁理屈をこねて殻に閉じ籠るのはもうやめにしましょう。
 
 
 
 
 
信じることから、愛は拡がります。
それは、偏った執着を手放すことにもつながると思います。