とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

4月開催のイベント告知のチラシを置かせていただきました。 番外編

今回は4月に開催します各種ワークショップのチラシを置かせていただける場所を紹介いたします。

 

 

 

しかも今回は「お店」ではなく「イベント会場」。

 

 

このご縁をいただいたことに感謝です。

この路線はまったく考えていませんでした。

イベントは目まぐるしく行われていますし、どこに頼めば、条件は、と頭がいっぱいに。

でもこのように手を差し伸べていただける展開が起きたことに素直な驚きと感謝の気持ちがこみ上げております。

 

 

 

では早速、イベント会場のご案内です。

 

 

 

-石狩市-

 

ハマナスマルシェ

 

日時:平成28年3月26日(土)・27日(日) 10:00~16:00(予定)

 

場所:石狩市民プール2階 多目的ホールA・B

 

住所:石狩市花川北3条2丁目198

※無料駐車場あり

※花川北コミュニティセンターとなり

 

HP:hamanasumarche.com

Twitter::https://twitter.com/hamanasumarche

 

 

ハンドメイドの作品や石狩の特産品など、魅力ある作品を販売するイベント。

冬場のイベントも少なくなることから、お子様連れや石狩に縁があるかたなど多くの方に来ていただきたいという気持ちで立ち上げたもので、今年で5回目の開催です。

 

イベント期間中は来場されたかたに対してチラシを配布していただけるとのこと。

ほんとうにありがとうございます!

 

 

 

 

-札幌市豊平区-

 

Sapporo Special skill Festival 2016

 (スキフェス)

 

日時:平成28年3月30日(水) 11:00~16:00

 

場所:ケーズデンキ 月寒ドーム

 

住所:札幌市豊平区月寒東3条11丁目1-1

※入場料無料

※駐車場無料

 

 

新聞でも月寒ドーム閉鎖のことが触れられていましたが、このスキフェスが月寒ドームで行われる最後の催事になります。

 

紹介ページ:http://rose-house.sumomo.ne.jp/sssfindex.html

 

 

”プロ”ではないけれど”たくさんの方に自分の作品を見てもらい、これからもっと生き生き暮らせるよう世界観を広げていきたい という想いから生まれたイベント。

 

ハンドメイドや体の癒し、飲食などの多彩なブースが入ります。

 

こちらにはチラシを置いていただけることになりました。

お心遣い、感謝いたします。

 

今回のご提案をいただいた方は

 

 

友芽工房(ゆめこうぼう)さん。

 

HP:http://icraft2you.jimdo.com/ハンドメイドshop/ステンドグラス/

または:http://icraft2you.blogspot.jp/p/annex.html

 

ステンドグラスの作品を多数販売していらっしゃいます。

 

委託販売も行っており、

 

・もみの木so 2F (札幌市中央)

・atelier*~na*tan~ (札幌市北区)

 

で友芽工房さんの作品を確認することもできます。

 

今回は友芽工房さんのお気持ちに甘えさせていただきます。

ありがとうございます。

 

 

週末は東京にいるので石狩には伺えませんが、月寒ドームにはなんとか足を運びたいな。

 

月寒ドームでは「プロレス」「プロバスケットボールの試合」や各種催事などでよくお邪魔しました。

若かりし頃からある建物が使用できなくなるのはとても残念ですが、これも時の流れと思い、あの場所が生まれ変わり、より多くの方に利用していただけるものへ生まれ変わって欲しいです。

 

 

 

4月開催の各種ワークショップ、参加者募集中です。

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

きょうは春分の日です。

 

節目の日であるとともに、いろんなことが受け取れる日でもあるようです。

 

 

 

引いたカードは

 

f:id:maruyamabase:20160320115326j:plain

 

 

No.10「導き」でした。

 

 

キーワードは「霊的サポート」「直感的指示」「思慮深い協議」

 

 

 

 

なんとも、春分の日にふさわしいような、不思議なカードが手元に導かれました。

 

 

 

わたしたちの人生は、常に導かれていると言われています。

 

ですが「何に」導かれているのか、意見は様々で、ときには神様であったり、ときには違う存在であったりします。

 

それでももちろんいいのですが、神様に導かれていることを理由として「なんでも自由にしていい」とは、ちょっと異なるような気がします。また「神様を裏切ることはできないから」と、じぶんの意思ではなく「神様の指示」によって生きていく方法を決定していくことも、わたしは何かが違うという立場にいます。

 

「導き」は「○○に進みなさい」とか「○○をしなさい」「○○はだめだ」といった「指示」はまったく出していないと考えるのが妥当ではないかと考えているのですが、本来の「導き」はあくまで「啓示(掲示)されている」ものであって、最終的に掲示されている先にいくことは「仮に」決まっていたとしても、その道順は「自分の意思で」選んでいくものとするのが自然ではないかと思うのです。

 

そうでなければ、人生は面白くありません。冒険でもなんでもありません。

与えられたシナリオを淡々とこなしているだけ。ゲームと一緒です。

 

 

 

にんげんはこの世界で何をするために生まれたのか。

にんげんはこの世界で何を求めにきたのか。

 

その答えは一朝一夕で見つけ出すことは出来ませんが、そのヒントである「導き」は常に内在しています。その感覚を「手繰り寄せる」ためにもいま必要なことを行い、じぶんの意思で生き続けることが、いつの時代でも必要であることに変わりはありません。