とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 クラシック編 その1

※休筆中のため、しばらくのあいだは書き溜めておいた記事をあげています。

 

 


 
「ブログを毎日更新する」ということと

「1日のアクセスがゼロでも更新する」ということを

 

信条としてやっています。

 

 

 

まだまだあの日の衝撃や自分の気持ちを整理できずにいますが、つなげたい願いや祈りがありますので、こんなところでやめるわけにはいかない。

 

 


そう思いながらも現実では急激な体調不良に陥り、満足にタイプが出来ません。

体調不良を言い訳にしたことで、放置していたカエルが突きつけた厳しい現実もありますし、目に視えないモノの大きさを再確認することになりました。

 

 


いまはただただ、再始動と言えるくらいの活動ができるようになること。ブログの通常更新を行っていくことを短期の目標として据え、わたしだけが表現できるものを創造していきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOLST : The Planets / Leonard Bernstein ;New York Philharmonic

ホルスト:惑星 / レナード・バーンスタイン指揮;ニューヨーク・フィルハーモニック演奏

 

f:id:maruyamabase:20160508162505j:plain

 

 

 

 

SRCR1626

組曲「惑星」作品32

1.火星-戦争をもたらす者
2.金星-平和をもたらす者
3.水星-翼をもった使いの神
4.木星-快楽をもたらす者
5.土星-老年をもたらす者
6.天王星-魔術師
7.海王星-神秘主義

Rec:Nov & Dec 1971

ライナーを読むと、なんとこの組曲は16年かけて作曲されたとあります。(期間は1914-1930)
なんと、100年近く前の曲なんですね。

それでもです。
それでもなんです。

この楽曲を聴くと、クラシックに思えないんですね。
イメージとしては映画音楽に近いものがありますが、まったく違うジャンルの音楽に聴こえてきます。


漫画「のだめカンタービレ」の影響でクラシックを何曲か聴いてきましたが、これにはただただ驚きでした。