とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

ガラクタは、言うならカラダにある「メタボ」そのものだと思います。

やっと、体調不良が「抜けて」いきました。

 

以前は頻繁にというか、月イチの感覚でなんらかの不調を訴えることが多かったのですが、最近ではその間隔がぐーんと伸びてます。加えて不調から抜け出る手段を講じても中々効果を表さなかったのですが、それも効果を発揮するようになり、自分自身である程度のメンテナンスが出来るようになってきた実感があります。

 

それでもどうしようもない(笑)ときがあり、その時は無理をせずのんびり過ごすしかありません。こういう時にあれこれとやりたいことを盛ってしまうと泣きを見てしまう。何度も何度も繰り返して実感した個人的な経験です。

 

 

 

じぶんが所有している「モノ」への見方ががらっと変わってからそれなりの時間が経過しました。家庭ごみはそれなりに(それでも以前よりは減りましたが)増えていますが、何ら気になることはなくなりましたし、継続的に使っていく「モノ」に関しても爆発的に(リバウンドという意味で)増えてもいません。逆に新しいところが見えてきて、ああここも減らせるな、これもう手放してもいいなとひとりごとのようにぶつぶつつぶやきながらあれこれと手に取っているという行動が自然にできるようになっており、東京で習い、自宅で実践してきた「ガラクタ整理」がしっかりと身についたという実感を得ました。

 

やはり不思議だったのが「モノ」がたくさんあったころに比べると、現在のほうが体調もいいし、精神状態もいいのです。これを数値に表すことは出来ませんが、わたしの体重の話をすると「間違いなく減っている」ことは実感しています。

 

わたしの体重は現在58kgなのですが、ガラクタ整理を始める前の体重は60kgでした。以前は何をやっても60kgから大きく数値は変わることがなかったのです。それが、ガラクタ整理を身に着けてからは体重が1~2kgではありますが「確実に」落ち「戻ることなく」維持できています。一度体重を56kgほどまで落としたことがあり、どれくらい戻るかというのを試したことがありましたが、大きくリバウンドすることはなく、やはり58kg台で落ち着いています。

 

以前「ガラクタ整理をすればダイエットになるかも?」と記事内に書いたことがありましたが、結果は「ダイエットになった」ということに。この時期は「痩せなきゃ!」という悲痛な声があちこちから聞こえてきそうですし、様々な通販で紹介されているシェイプアップ関連のアイテムを購入されてもいいとは思いますが、それが「習慣」にならなければ意味がないと思いますし、お金の無駄だと断言します。よく○○ダイエットということばで流行をつくろうとしていますが、それは「一時のもの」だと理解できなければなりません。あれがいい、これがいいと常に情報に「流されている」状態では、結局はなにも定着することはありませんし、結果も出ません。そして自分の手元には購入はしたが途中でやめてしまった・・・というモノが大量に残るだけ。これはどう考えてもおかしいと思いますよ。もちろん実践者の意思はじゅうぶんに関係してきますけども。

 

個人的にはダイエット食品やダイエット機器についてはディスりたい気持ちでいっぱいなのですが、それはまたの機会にして(笑)、身近なことでダイエットを意識した話をしたいと思います。

 

 

 

現在不定期ではありますが、整理の対象になった「モノ」を「ネットオークション」に出品して売却しています。もちろん、高値で落札されることもあれば、入札がないまま終了することも。その他にも売却する手段は持っているので、いくつかの段階を経ながら着実にモノを減らしていっています。

 

わたしが所有する「モノ」の多くは本やCD、そして衣類です。ガラクタ整理を始めたことで、自分で勝手に作っていた「聖域」に手を伸ばして、大規模なブラッシュアップを始めました。詳細については「ガラクタ整理 シーズン5」として連載記事を書いていきますが、モノが売れていくこともたいへんうれしいのですが、やはりいちばんうれしかったのはモノが「減る」ことだったと言えます。

 

f:id:maruyamabase:20160716112217j:plain

 

 昨日の朝に不調が抜けた実感があったので、オークションで落札されたモノを梱包し、発送しに出かけました。写真はその一部ですが、箱に入っているものはハードカバーの本で、その重量は7kg近くあります。そしてバッグに入っている本も大きさはさまざまですが、3kg近くはある重量です。およそ10kgにも及ぶ重みのある「モノ」を、この日は手放しました。今日もこれから発送をするのですが、約2kgの重さを「手放します」。

 

記事を書きながら思い出したことは「持たないことが安定」ということばを教えてくれた師匠(勝手に)の竹内さん。持たないことで本来のバランスを思い出す、といったところでしょうか。やはりいろいろと持ってしまうのはかえってバランスを崩してしまうようです。

 

 

 

きょうの札幌も夏にふさわしい天気になっています(ちょっと曇りかも)。思えばガラクタ整理の記事を書いていながら、自分が提供するメニューについて触れていなかった(汗)ので、これから各種メニューの作成に取り掛かります。「やってみてわかることがある。」とはわたしの持論ですが、自分で動いてこそ見えるものがあり、わかるものがあります。それを見聞きしていて知っていたとしても、それは本当の理解にはつながりませんし「腑に落ちる」こともないと思います。

 

わたしはもう、この人生を後悔したくない。そんな強い気持ちで、きょうからまた過ごしていきたいと思います。