読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

背中を押す。そうすると、背中を押してくれます。その原理を垣間見ることができました。

 

8月から本格始動した「オラクルカード・リーディング」。

 

8月は先行してネット上(メールを含む)のやりとりに限定したメニューを公開。

翌月、対面セッションのメニューを公開し、ひとつひとつの線を越えていくことができています。

 

 

 

カードは自分向けや月に一度開催されている「森のCasa Cafe」、そしてデモンストレーション的なカタチでリーディングを行うのが現在の状況。

 

このブログでも「今日引いたカード」としてカードをプリンタにスキャンさせてアップしていますが、実はまだ全種類(カードは64種類)引いていないのです。年内に全部出てくればいいかなぁ(´―`)と思いつつ、その日その日に導かれたカードを見ては、いろいろと思索や想いを巡らせています。

 

 

 

メニューを公開後、ぽつらぽつらではありますが、ご依頼をいただくようになりました。

 

過去あれだけ「ゼロ」から「イチ」にするんだぁ!!!とゴリゴリ感満載で息巻いていながら、実際にその時が訪れると、意外にも

 

 

「やったぜ!」ではなく

 

 

 

「よし。引き締めていこう」という気持ちになりました。

 

 

 

いま書いていて思うと、ガッツポーズぐらいはしても罰は当たらないだろうという感じなのですが、不思議と「向き合う」姿勢へと切り替えることが出来ていたのが自分でも不思議でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーディングを依頼されたお客様の中に、以前勤めていた会社の同僚がいました。

 

その方とはもう1年以上も逢っておらず、たまに近況報告をSNSで行うくらい。

もちろん、わたしが4月に打ちのめされていたときは、さらっと励ましのことばをくれ、自然に任せてくれていました。

 

・4月に打ちのめされたとのことは下記にて

maruyamabase.hatenablog.jp

  

 

当初、わたしが「こんな仕事をするんですー」と話していた時、その方はガラクタ整理には興味を持っていただいたものの、オラクルカードに関しては「占い等にはあまり興味がない」と話していました。それでも、ガラクタ整理の内容に関しては自身で思い当たるところが何カ所かあったようで、かんたんではありますが会話を交わしたことがありました。

 

 

 

それが先日。

 

 

 

リーディングの依頼をされたのです。

 

本人いわく、どうすればいいか迷う事態が起きた、とのこと。

 

 

 

一定の手続きをしていただいた後に、改めてお話を伺うことにしました。

というのも、内容が内容だけにその光景が浮かんでしまう訳で、自分の先入観を入れたくなかったのです。それをお断りとして伝え、了承いただいたうえで、リーディングを行うことにしたのです。

 

 

 

 

リーディング結果の中身は割愛しますが、カードは以下の3種類が出ました。

ちなみに、オーダーは3枚引きでいただきました。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20160908161627j:plain

 左から 

1枚目:No.3 「内観」

2枚目:No.1 「創造」

3枚目:No.26 「平和」

 

 

リーディングする前に思ったことは、不本意ながら「どのような答えが出るのか」と考えていました。少しだけ「できるのかな」とも。

 

でも瞬時に「ああ、そうだった。やるんだった。」と気持ちを切り替え、それぞれの場所と、そこに導かれたカードから文章を組み上げていきました。

 

カード、そして指定の場所との組み合わせで、カードが伝えてくる内容が変わる。

読んでいて、楽しさすら覚えるとともに、驚きを禁じ得なかったのは、導かれた枚数に応じて、既に「文章の原型」のようなものが出来上がっているということに気づいたのです。

 

 

そのため、わたしの作業は、読み込み、書き出し、組み立て、推敲し、また読み込む。

これを何度か繰り返し、カタチになっていく。

その過程で、カードの「言葉にならない言葉」のようなものを感じ取り、文章に加え、リーディングが完成します。

 

 

そして、ご依頼主にリリースしました。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20160908161754j:plain

その際のご依頼者からの返信。

 

 

正直なところ、質問に対しての答えになっていたか。

そこに不安のようなものは感じていましたが、導かれたカードが伝えたいことをわたしがことばにして伝える。それが出来ていると確信しているならそれを伝えるのみだと思い、お伝えしました。それが、わたしが「やる」べきことだと思ったからです。

 

結果、その内容に不満を感じられても仕方ない。と。

リリースした全員が納得してくれるのが一番いいことですが、そうならない場合もある。かといって、満足を得るためだけに本来望まれること以外の行動を取るのは違う。そのようなことを想い巡らせながら、リーディング結果を旅立たせました。

 

 

 

その後、無事に受け取ったとの連絡と、何度か読み込みます、とのお返事。

そのまた数日後、思いもよらず、嬉しい声を聴くことになりました。

 

 

 

 f:id:maruyamabase:20160908161828j:plain

 

 

 

 f:id:maruyamabase:20160908161859j:plain

 

 

そこには「背中を押された」との声。

 

ああそうだ、これを目指していたんだったと、教えてもらった流れになりました。

 

 

 

 

 

実はこの方、異動の話が急展開で訪れ、今の部署での立ち位置等からどうすればよいか本気で迷い、悩んでいたとのこと。それに対してリーディングした内容は「こっちにしたほうがいい」という答えではなく「まずはここから」といった感じの内容をお伝えしていたのです。

 

リリースをした後は、しっかりとご自身と向き合われ、考えて「前へ踏み出した」瞬間、それを待っていたかのように周りが動き始める。

 

ご本人にとって、これほど驚いたことはないと思います。

だって、それを本人から聞かされたわたしですら、驚きましたから。

 

 

 

 

 

オラクルカードのリーディングは、色んな可能性を秘めている。

感情的になってしまえば、導かれたカードを見ても拒否してしまうかもしれないけど。

しっかりと、カードは伝えてくれている。

カードの気持ち、思い、意義、エネルギーなどを、しっかりと受け容れ、読み手に伝えていこうと、襟を正す気持ちになりました。

 

 

 

昨日の疲れが未だ残ったまま。

空っぽに近いところまで行ったのかな、と思いながら、疲れから集中が続かない中で今回のリーディングを振り返った、冷え込みを感じた日になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~お知らせ~

 

9月10日、11日は宿泊を伴うボランティア活動参加のため、期間内にいただいたお問い合わせやご依頼に関する返信は12日に致します。ご了承ください。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

-ガラクタ整理 オーダー受付中です-

※現在限定価格にて提供中です(2weeks ¥10.000~)

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

-オラクルカード・リーディング オーダー受付中です-

※現在限定価格にて提供中です(1枚引き ¥1.300~)

 

 

 

 

-対面セッションを展開します-

※2016年12月末までの限定価格で提供します

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

 

ご依頼・お問い合わせ等はブログ右横にある「便りをおくる」からお願いします。