とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

いままで出品して売ったことがないものに値段がつくと、途端に自信につながります。~その他の出品②~

先ほどまで雪かき。

 

 

 

きょうの札幌はニュースでも報じられているように、またもや大雪で交通網が大打撃を受けています。飛行機も200便以上が欠航、JRも運休を次々に決めているようです。高速道路も事故で通行止めなど、移動にはタフさが求められる連休前の1日になってしまいました。

 

札幌の小学校(中学校も?)は、きょうが終業式だったようです。

お昼頃車を運転していましたら、集団下校する児童たちが元気に歩いている姿を見かけました。これから楽しい冬休み。宿題もたくさんあると思いますが(汗)

 

 

きょうの雪は、とても重かったです。気温が高めであったことが災いし、かなり湿った雪になっています。雪だるまをつくるにはもってこいの雪なのですが、重さがあります。先ほど雪かきに外に出ましたら、駐車場はゆうに30cmを越える積雪になっていました。今もまだ雪は降り続けているので、明日の朝にもう一回雪かきをする必要がありそうです。雪かきは毎度やっているので慣れてはいるのですが、気をつけなきゃな、と気づかされたことがありまして、それは今日の雪のように、湿った、そして、固まりになりやすい雪ですと、木々の枝のうえや、電線の上に多少ながら雪が積もります。ここまではどこでも見る光景なのですが、それが重さで「雪が下に落ちる」という光景は、実はあまり目にしません。たまにテレビ等で見る程度ですが、先ほど雪かきをしていましたら、まさしくその光景を目にしました。木の枝がしなるようにして雪を落とし、元の位置に戻っていくさま、そして、重さでだらんとしていた電線から雪が下に落ちて、元の姿を取り戻すさま。これを遠くから見ている分には安全なのですが、興味本位でその下に行くのはかなり危険です。たとえ雪であっても、相応の高さから落ちてくること、そして、さらさらの雪であればまだしも、天候によっては雪玉以の固さを持った凶器になってしまいます。思わぬ怪我を追わない為にも、注意が必要だなと感じました。

 

 

 

 

 

ガラクタ整理 オークション編の話の続きをしていきます。

 

 

その他のアイテムの出品として

 

 

「インテリア用品」

 

 

があります。

 

 

 

 

これは奇しくも昨年からご縁が出来たお店が店内のイメチェンを図る一環で出てきた不要品を、ぼくが引き取ってオークションに出したことがきっかけで生まれた経験談です。

 

それまでインテリア用品は出品したことがなく、まったくもって未知の世界。

正直、値段がつくか、売れるかどうかもまったくわからない状態でした。

 

理由としては、受容が掴めません。情報収集は行いましたが、ヤフオク上での出品者は個人ではなくオークションストア、いわゆる業者が多く、扱う商品も比較的大型のものが目に入ります。あとはブランドものと言っていいのでしょうか、いわゆる人気シリーズのようなものがあり、それを中心に取引がされている印象でした。

 

 

 

果たして売れるのかどうか。

もはやこの時点で、高値で売ることはどうやら望めそうにないという考えになっていました。なぜならこのとき、搬入した商品の数にお腹いっぱいになったり、その圧倒的な量に少々酔ってしまっていました。ちょっとのあいだ、戦意喪失です(笑)。もうほんとうにどうしよう・・・という感じでいたことを昨日のように憶えています。

 

 

 

 

結果、これらの商品は出品したうちの95%は売れていくのですが、ここまでの道のりが大変でした。久々に初心に還った気分でした。やるべきことは同じなのですが、商品によって押さえるポイントが変わってきますので、そこを注意する必要があるということを念頭に置き、ひたすらに準備を行い、出品にこぎつけます。

 

 

 

 

商品の写真は早々に削除してしまったので、オークション画面をスクショ(スクリーンショット)にて収め、少々加工したものを見ていただきますと

 

 

 

f:id:maruyamabase:20161222234201j:plain

 小さくてスイマセン・・・

 

 

 

 

これは入札が1件しか入ってはいないのですが、しっかりと売れました。

 

 

 

 

 

そのほか、表ではありますが一部をご覧いただきますと・・・

 

 f:id:maruyamabase:20161222234239j:plain

 金額はまちまちですが、しっかりと売れています。

 

 

 

 

 

いざ出品してみると想像よりもずっと早く入札がつき、かさばる商品は「すべて」落札されました。また嬉しいことに、ひとりのかたが複数落札されるという状態を呼び込むことが出来ましたので、梱包も比較的負担が軽くなりました。もちろん、1点1点の梱包は丁寧に行いましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

インテリア用品がことごとく売れたことで、ぼくにとっては売り上げのほかにとても大きな自信が報酬としてもたらされました。

 

サイズを測り、重さを量り。

コンディションや材質をチェックし、詳細を調べて記載する。

 

 

 

仮にこの商品が最初から売れるものであったとしても、売るために必要な準備は必ずあります。それをするかしないかで、反応は大きく変わると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

商品は委託品であったものの、これらの商品を扱うという経験はとても貴重なものになりました。それはその先にある「ガラクタ整理」を意識したものでもありますし、モノに対するヒトの感情を感じ取る、とてもいい機会になったと感じています。

 

 

 

 

 

 

小さな経験でもいいから、少しずつ積み上げていく。

それがやがて、大きな力になると、確信しています。

 

 

 

きょうまでに読んだ本

空海之書 弘法大師書蹟大成 資料篇・鑑賞篇・研究篇(いずれも一部の項目のみ読了) 東京美術
書道藝術 第十二巻 空海 中央公論社
結局、自分のことしか考えない人たち 自己愛人間とどうつきあえばいいのか サンディ・ホチキス 江口泰子訳 草思社
ジョン・コルトレーン『至上の愛』の真実 アシュリー・カーン 川嶋文丸訳 音楽之友社

 

 

-お知らせ-

 

・オラクルカードリーディングは、3枚セッションが定数に達したため、1枚セッションを含めて一度受付終了としました。

・ガラクタ整理に関するセッションは現在受付停止中です。

・上記により、対面セッションも年内の受付は終了しております。

・コメント欄を再設置しました(承認制)。