とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 邦楽編 その24

急病人が出てしまったため(幸い重症ではないです)、きょう、そして明日くらいまでは「整理棚からひとつかみ」を掲載します。書こうと思っても、集中できないのです。

 

 

思わぬ出来事で不意打ちパンチ(しかもクリーンヒット級)を喰らってしまったような感覚をおぼえた数日間です。この件については、近々書こうと思います。書くことで、いまのぼくにはまとまることがあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

水色 Water Blue / 遊佐未森

 

f:id:maruyamabase:20170108000340j:plain

f:id:maruyamabase:20170108000400j:plain

 

 

 

ESCB-1428

 

 

1.合歓の木陰で
2.大きな靴
3.水色
4.緑の絵
5.夢でいいから
6.Island of Hope and Tears

 

 

ミニアルバム。
Nightnoiseというアイリッシュ・サウンドグループとの共演を果たした注目作です。
ナチュラルさは双方とも持っており、普段の遊佐未森とは少し似た、でもちょっと違う風景を楽しむことが出来ます。
個人的にお気に入りなのは6曲目。ここに彼女と彼女の想いのすべてが詰まっているように思えます。


和製ケイト・ブッシュと称された遊佐未森の願いに、どうぞ耳を傾けてください。