読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その39

JAZZ

First Time Ever I Saw Your Face / Rachel Z Trio

 

f:id:maruyamabase:20170108000659j:plain

f:id:maruyamabase:20170108000718j:plain

 

 

 

TKCV-35323

 

 

1.Heart-Shaped Box
2.Crestfallen
3.Fragile
4.In The Wee Small Hours Of The Morning
5.First Time Ever I Saw Your Face
6.Hurt
7.Time To Say Goodbye(Con Te Partiro)
8.Autumn Leaves
9.Don't Give Up

personel

Rachel Z(p)
Nicki Parrott(b)
Bobbie Rae(ds)

Rec:April 4&5,2003 NY

 


邦題は「愛は面影の中に」。
レイチェルZ久々のリーダーアルバムになります。
ベースにはニッキ・パロットを迎え、シンプルなトリオ編成で臨んでいます。
1曲目はガツンとくるピアノで聴衆の度肝を抜くあたりが、彼女の経験を物語っています。


過去にサックス奏者の大御所であるウェイン・ショーターのアルバムに全面参加。
彼の復活に一役買ったことでその功績が大いに認められました。

代表的なモダンジャズの世界はまさしくたくさんの吸収の証。
リーダー作そのものは少ないものの、出せば注目を集める。それほど彼女のピアノの可能性と未来は誰もが望んでいるところです。