読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市の西側から、【M's Clearer】が伝え、届けたいことを。

整理棚からひとつかみ。 ジャス編 その52

【Series Herbie Hancock

 

Mr.Hands / Herbie Hancock

f:id:maruyamabase:20170309172701j:plain

f:id:maruyamabase:20170309172724j:plain

 

SRCS-7029

 

 

1.Spiraling Prism
2.Calypso
3.Just Around The Corner
4.4AM
5.Shiftless Shuffle
6.Textures


parsonel

 

Herbie Hancock
(Emu polyphonic keyboard,Clavitar,Waves Minimoog,Minimoog,Prophet 5,Oberheim 8 Voice,Yamaa CS-80,ARP2600,Hohner Clavinet,Rhodes88Suitcase Piano,Sennheisea Vocoder,Linn-Moffett Drum Synthesizer,Modifide Aplle 11 Plus Microcomputer and Piano)

 

 


1.
Leon"Ndugu"Chancler(ds)
Byron Miller(b)
Bill Summers(perc)

 

2.
Tony Williams(ds)
Ron Carter(b)
Sheila Escovedo(perc)

 

3.
Alphonse Mouzon(ds,synth)
Freddie Washington(b)
Wah Wah Watson(g)
Sheila Escovedo(perc)

 

4.
Harvey Mason(ds)
Jaco Pastorius(b)
Bill Summers(perc)

 

5.
Harvey Mason(ds)
Paul Jackson(b)
Bill Summers(perc)
Bennie Maupin(ts)

 

6.
Herbie Hancock-only

 


キーボードプレイヤーとしてのハービーハンコックが光る作品です。
上記にも記しましたが、なんて数の機器を使っているのでしょうか。
これを使いこなしているんですからまた驚きです。
ライナーを読んでいくと、これまでのセッションでの未発表テイクを集めたという体裁のアルバムらしい。
それだけではなく、1枚のアルバムに仕上げるべく昇華させたというのだから、ここがなんともハービーらしいと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ももう少し。

鼻水ももう少し。

痰が少し絡むけど。

もうすこし。もうすこし。