読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その53

【Series Herbie Hancock

 

Lite Me Up / Herbie Hancock

 

 

f:id:maruyamabase:20170309173030j:plain

f:id:maruyamabase:20170309173052j:plain

 

SRCS-7030

 

1.Lite Me Up!
2.The Bomb
3.Gettin'To The Good Part
4.Paradise
5.Can't Hide Your Love
6.The Fun Tracks
7.Motor Mouth
8.Give It All Your Heart

 

 


parsonel

 

1.
Steve Lukather(g)
John Robinson(ds)
Louis Johnson(b)
Paulinh Da Costa(perc)
Wayne Anthony(lead-vo)
Jerry Hey(tp,flh)
Patti Austin(back-vo)
Herbie Hancock(back-vo)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

2.
John Robinson(ds)
Louis Johnson(b)
David Williams(g)
Michael Boddicker(synth)
Wayne Anthony(lead-vo)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

3.
Herbie Hancock(lead-vo)
John Robinson(ds)
Louis Johnson(b)
Michael Boddicker(synth)
Patti Austin(back-vo)
Jerry Hey(tp,flh)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

4.
Jeff Porcaro(ds)
Abe Laboriel(b)
Jay Graydon(g)
David Williams(g)
David Foster(p)
Herbie Hancock(lead-vo)
Bill Champlin(back-vo)
Rhythm&Vocal arrangement by David Foster

 

5.
Narada Michael Walden(ds)
Randy Jackson(b)
Carrado Rustici(synth)
Frank Martin(lead-vo)
Herbie Hancock(lead-vo)
Jerry Hey(tp,flh)
Chuck Findley(tp,tb)
Background Singers:Jim Gilstrap,John Lehman,Sheri Payne,Linda Lawrence
Arranged by Narada Michael Walden

 

6.
Wayne Anthony(lead-vo)
Michael Boddicker(synth)
John Robinson(ds)
Louis Johnson(b)
Paulinho Da Costa(perc)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

7.
Wayne Anthony(lead-vo)
Herbie Hancock(vocoder)
John Robinson(ds)
David Williams(g)
Louis Johnson(b)
Paulinho Da Costa(perc)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

8.
John Robinson(ds)
Louis Johnson(b)
David Williams(g)
Paulinho Da Costa(perc)
Paulette McWilliams(lead-vo)
Herbie Hancock(vocoder)
Patrice Rushen(vocoder)
Horn&String arrangement by jerry Hey
Rhythm&Vocal arrangement by Rod Temperton

 

ハービー・ハンコックのアルバムなのに、ハービーが「歌っている」作品です。
これはかなり「異色」で、上記クレジットを見る限り、ハービーが参加していない、もしくは声での参加というのが目につきます。

 

これでいいんでしょうか(汗)

コンセプトとしては「ジャズ」「フュージョン」ではなく「ディスコ」をコンセプトとした作品だったようで、完全に時代的背景を感じてしまいます。
ですが物議をかもしたのも事実なようで、これで聴くことを止めた人も実際にいるのではないでしょうか。
わたしはある程度の作品が出た後に、歴史を追いかけるようにして聴いてきたのでそこまでの衝撃は受けませんでしたが、当時としてはかなりな裏切られ感があったのではと思います。

これでも試行錯誤のなかのうちと思えば、許容できる・・・かも。

 

 

 

 

 

きょうは風が強いいちにちでした。

買い物から帰ってきた途端に、力が抜けました(汗)

 

スーパーで知りましたが、この連休は春のお彼岸になるそうで。

祖母の四十九日も近いなと想いつつ、過ごしていました。