とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャス編 その61

【Series Herbie Hancock

 

Feets Don't Fail Me Now / Herbie Hancock

f:id:maruyamabase:20170402113107j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170402113121j:plain

 

SRCS-9504

 

1.You Bet Your Love
2.Trust Me
3.Ready Or Not
4.Tell Everybody
5.Honey From The Jar
6.Knee Deep

 

 

personel

 

Herbie Hancock(key,Lead&Background vocals)
Ray Obledo(gt)
Eddie Watokins(b)
James Gadson(ds)
Bill Summers(perc)
Julia Tillman Waters(Background vocals)
Maxine Willand Waters(Background vocals)
Oren Waters(Background vocals)
Luther Waters(Background vocals)
Bennie Maupin(ss) *only6
Wah Wah Watson(gt) *only6
Freddie Washington(b) *only6
James Levi(ds) *only2,6
Ray Parler,Jr.(gt,ds) *only3
Gordon Bahary(synth programing) *only6
Coke Escovede(timbales) *only3
Sheila Escovede(congas) *only3

1978年 サンフランシスコ録音


解説書には「ディスコ・ミュージックに挑戦した作品」とある。
これまでジャズをベースにロック等の音楽を見出してきたが、ここではディスコを意識して作成されたという。
バックバンドも列記したとおり、バックボーカルを含めるととんでもない数に。
編成はジャズでも通る形でありながら、エレキ要素をふんだんに盛り込むことでその姿が大きく変わります。
新しいものへの挑戦といえば聞こえはいいかもしれません。しかしその裏には新しい楽器に触れるととともにm、練習に練習を重ねるという作業が生まれます。
そこでカタチにできたものこそ、聴衆を感動させることができる。天性の才能でもそれは十分に可能かもしれないが、鍛錬が積み上げていった厚みには敵わないものと思っている。

 

 

 

 

 

-お知らせ-

現在、ニセコ「カリンパニ」に於いて「ヴィパッサナ瞑想」の合宿に奉仕者として参加中です。
期間中は電子機器を操作することを禁じられているため、自動更新で記事を掲載しています。
次の手動での記事更新は5月24日を予定しています。また、お問い合わせの返信やコメントの返信も、5月24日以降のとなります。