とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 邦楽編 その42

ヒト / タテタカコ

 

f:id:maruyamabase:20170406115254j:plain

f:id:maruyamabase:20170406115320j:plain

 


KAN-003

 

1.天地返し
2.追憶
3.御伽話
4.家族
5.永遠になる
6.欺瞞
7.カッコウ
8.眠る街
9.新世界
10.道の途中
11.ending


インディーズレーベルからのリリースになる作品で、ジャケットが特殊仕様であるというのと、収録曲の一部がスタジオ録音ではないという環境になっています。

ライナーにも詳細は記されているのですが、


録音場所

2013/5/17 いわき club SONIC Iwaki / 眠る街
2013/5/24 函館 喫茶 想苑 / 天地返し
2013/6/1 長野 ネオンホール / 御伽話
2013/6/2 大阪 ムジカジャポニカ / 家族
2013/6/7 広島 ヲルガン座 / 追憶
2013/6/9 鹿児島 Bar MOJO / 欺瞞
2013/6/16 沖縄 桜坂劇場 / 道の途中
2013/6/21 仙台 LIVE HOUSE enn2nd / 永遠になる
2013/6/22 弘前 Space DENEGA / 新世界
2013/6/23 八戸 ROXX / カッコウ


と、面白い試みをしています。

VAPに在籍していたときと比べると、確かなことは言えないのですが方向性が少し変わったように思います。
彼女の詞やメロディはそのままなのですが、さらに霧の中に入ったような印象を受けます。
メジャーレーベルという枠というか束縛は、そのアーティストを活かすのか、それとも殺すのかは正直わかりませんが、彼女の場合はしっかりと踏み台にしたような印象を受けます。