とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

飲み会⇒登山⇒バーベキュー。

 

昨日のホームパーティー(いわゆる飲み会)で、次の日に藻岩山に登ることが決まりましたので登ってきました。

 

 

 

藻岩山に登るのは2年ぶりくらい。昨年は登っていません。

いつもはボランティア活動の一環として登ることが多いのですが、今回は大人のみでの登山を楽しんで来ました。

 

 

 

 

 

藻岩山は登山ルートが何カ所かあり、思い思いのコースで楽しむことができます。

 

ポピュラーな登山道は近くに病院とお寺があるところで、小学校時代にもここから登山をした記憶があります。今回もこちらの登山口から頂上目指して歩いてきました。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170708220545j:plain

 

 

 

 

 

きょうも札幌は好天気。外出日和でした。

風は弱いものの、時折吹く程度でそれがまた心地いい。

いつもはこどもに混じってゆっくり登ることに慣れているのですが、大人のスピードで登りましたら(それでも適度におしゃべりと小休止は取っています)、1時間程度で山頂の展望台に到着しました。

 

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170708220607j:plain

 f:id:maruyamabase:20170708220625j:plain

 自撮り。眩しくてしかめっ面。

 

 

 

 

最近の登山は晴れではない天気のなかで登ることが多かったため、この日ばかりは清々しさ、心地よさ、気持ちよさを感じることができました。

 

柔軟体操と水分補給を済ませ、下りへ。

今回登った藻岩山のルートは、多少ながら岩場があるのと、段差がある箇所があります。加えてぬかるんでいる場所もいくつかあったため、登り・下り共に注意をしながら進んでいきました。

 

 

 

結果、下りは45分ほど。

 

 

こどもたちと進む場合は、この倍近くの時間を要します。そんなことを考えながら歩いていましたが、疲労度の違いも大きく異なるな・・・と思いながら、晴天の中での登山を終了しました。

 

 

 

 

 

 

で、本来ならばここで終わりだったのですが。

 

実は登山組に合わせて、車で中腹まで合流する組がいたのです。当初は藻岩山で楽しみましょうといった流れになっていたのですが、ふとごはんの話になると、ぼくが思わず「期間限定だけどバーベキュー(もしくはジンギスカン)ができるかも」と言ってしまったのです。

 

バーベキューという言葉で、周りのひとたちに火がつき、お昼にバーベキューをしましょうということに。結局、登山組と食糧調達及び現地待機組とに分かれました。ぼくたちが登山しているあいだに食料を調達し、現地入り。火おこしを済ませて調理に入れる段階まで進めているというもので、この連携(と言ってもいいのだろうか)がピタリとはまりました。

 

藻岩山から下山したのちに残りの材料を買い出しし、現地へ。

 

向かった先は、札幌市南区にある「藻南公園(もなみこうえん)」でした。

 

 

 

 

この公園は敷地が広く、炊事場所もあります。また、川が近くにあるため、川遊びも可能です。藻岩山から近い場所でバーベキューが可能な場所を探したところ、ここが見つかりました。

 

 

 

 

合流した後は文字通り「がつがつ」食べる光景が(笑)

登山組はお腹が空いていて当然。

いやいや、準備組もはらペコでした(笑)。

f:id:maruyamabase:20170708220748j:plain

 

 

 

f:id:maruyamabase:20170708220827j:plain

 

 

 

 

もの凄い勢いで食べ、まったりし、川遊びをしてお開き。

 

f:id:maruyamabase:20170708220938j:plain

 

 

 

 

 

この公園の炊事場には比較的木陰が多く、陽射しをさほど気にせず楽しむことが出来ました。この要素はとても大きいので、今度また訪れようと思います。

 

 

 

汗だくになりながらも、登山とバーベキューを楽しんだ1日。

暑い1日に変わりはありませんでしたが、室内で感じる暑さと、屋外で感じる暑さとに何となく違いがあるように感じました。

 

明日は旭山記念公園・森の家を基点にボランティア活動です。

しっかり太陽のひかりを浴びて、参加者と一緒に夏の1日を楽しみたいと思います。