とみーのグラウンディング日記

北海道・札幌市在住。伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その81

【Series Sideman of John Coltrane

 

Thelonious Monk With John Coltrane The Complete 1957 Riverside Recordings

 

f:id:maruyamabase:20170406135203j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170406135223j:plain

 


VICJ 61382~3


DISC1

1.Monk's Mood(false start)
2.Monk's Mood
3.Crepuscule With Nellie(take 1)
4.Crepuscule With Nellie(take 2)*
5.Crepuscule With Nellie(breakdown)
6.Blues For Tomorrow(first stereo release)
7.Crepuscule With Nellie(edited:re-takes4&5)
8.Crepuscule With Nellie(edited:re-takes6)
9.Off Minor(take4)
10.Off Minor(take5)

 

DISC2

1.Abide With Me(take1)*
2.Abide With Me
3.Epistrophy(short version)
4.Epistrophy
5.Well,You Needn't(opening)
6.Well,You Needn't
7.Ruby,My Dear(with Coleman Hawkins)
8.Ruby,My Dear(with John Coltrane)
9.Nutty
10.Trinkle,Tinkle

 

*…世界初登場曲

 


personel

 

April 12,1957 are

John Coltrane(ts)
Thelonious Monk(p)
Wilbur Ware(b)

at DISC1 1&2

 

June 25&26,1957 are

-Thelonious Monk Septet-
Ray Copeland(tp)
Gigi Gryce(as)
John Coltrane(ts)
Coleman Hawkins(ts)
Thelonious Monk(p)
Wilbur Ware(b)

**Monk does not play on 6

DISC1 3-6 rec on June25
DISC1 7-10 rec on June26


on DISC2

June26,1957,septet session.Omit piano,bass and drums on first two.

 

ジョン・コルトレーン生誕80周年特別企画として発売された作品。
ジャズ史上伝説となった、モンクとコルトレーンの1957年を切り取った作品集です。
リバーサイド(現ビクター)レーベルに収録された、ごく一時期のセッションではありますが、歴史と成長そして覚醒が垣間見える作品となっています。

名作を残し続けた両者の、一瞬ともいえる邂逅は、まさしく「運命の出逢い」であり、まさしく「必要なこと」であったと思われます。
脇を固めるミュージシャンもまた豪華であり、飛躍直前でありながらびしっと決めているジャズを聴くことが出来ます。
楽曲はほぼモンクの作品ですから、彼のピアノはやはり光ります。曲者というイメージがあるモンクですが、正統派ジャズピアノを演奏するので一気にそのイメージが崩れ去ることも。
それについていくコルトレーンのサックスは、なんというか「ジャズとは何ぞや」という探究をしているかのよう。

最先端のリマスタを経るとともに、世界初登場テイクも収録された歴史的作品です。