とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その82

【Series Herbie Hancock

 

Herbie Hancock with Jaco Pastorius

f:id:maruyamabase:20170406135432j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170406135445j:plain

 

 

BSCD-10085


1.Cantaloupe Island
2.Hang Up Your Hang Ups
3.Maiden Voyage
4.Jaco Bass Solo
5.People Music
6.Chameleon

 


personel

Herbie Hancock(key)
Jaco Pastorius(b)
Bennie Maupin(sax)
James Levi(ds)

Live at Ivanhoe Theater in Chicago
Feb 16,1977


主要レーベルからではなく、マイナーなレーベルからも一流ジャズミュージシャンの音源は出てくることが多いです。
もっとも多いのはマイルスデイビスなのですが、ハービーハンコックも結構多いのではと感じています。
しかもこの音源にはベーシストといえばこの人「ジャコ・パストリアス」が参加しているから、なおのことこの音源の重要性がわかります。
時代も面白く、ハービーはキーボードを使っていることにも注目したいところ。
サックスがぶおんぶおんと咆哮を重ねていますが、キーボード、そしてベースも一級品なのですべてが重厚。
ライブならではの臨場感もたっぷり感じさせてくれる1枚です。