つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その87

【Series Sideman of John Coltrane

 

Informal Jazz / The Elmo Hope Sextet

 

f:id:maruyamabase:20170608113702j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170608114233j:plain

 

VICJ-2062


1.Weeja
2.Polka Dots And Moonbeams
3.On It
4.Avalon


personel

Elmo Hope(p)
Donald Byrd(tp)
Hank Mobley(ts)
John Coltrane(ts)
Paul Chambers(b)
Philly Joe Jones(ds)

Rec:May 7,1956

 

エルモ・ホープも日本人好みのピアニストで、その理由のひとつは作品の少なさがあります。


かといって実力はというと玄人好みのタッチで楽しませてくれる腕前を持っているので、この時代の事情がよくわからないこともあります。
それでも彼の活動の拠点は今でいうインディーズ・レーベルであったことから、その活動を知る機会は少ないかもしれません。

この作品に参加しているミュージシャンはその誰もが有名なプレイヤーで、ひとつの大きな試みになっています。
リラックスミュージックを装った本作ではありますが、サックスとトランペットで3人もいるため、あまりリラックスできないかもしれませんね。