とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

まっさらな原稿を前にして。

まとまらない、思えるようになってきたこの頃。

 

 

 

まだどこかに「書きたい」とは思っているのだが。

 

どうやら、考えと行動とがうまく結びつかないようだ。

 

 

 

 

 

何を書きたいのか。

どんなことを書きたいのか。

浮かび上がっては霧消していく。

 

星のような遠い位置にあることも、ときには書きたくなる。

書くという行為が、まるで楔を打ち込むかのように。

 

 

 

若いころから、仕事でも日常でも「ことば」を意識するようになった。

 

「ことば」を仕事にしたいと思うこともあった。

しかし、それは困難だった。

 

そしていま。

当初の理想とは異なっているものの、「ことば」を仕事にしている。

 

こんな奇遇もあるのか、と思っている。

 

 

 

 

 

 

 

音楽家が曲を紡ぎだすように

 

わたしも伝え、届けたいことを紡ぎたしたい

 

 

 

 

 

 

 

ときにはどうでもいいようなことを書くこともあるが、その大半は至極真面目なことなのだ。それらの正しさを証明することは皆目無理なのかもしれないが、程よい波紋を生み出すことにはつながるだろう。その波紋がどこかに届き、反響して返ってくればいい。その連鎖が、何かを創りあげていくものと信じている。

 

 

 

 

 

もういちど。

 

書きたいことはなんなのか、書き出してみることにする。

書かねばならないと感じていることは何なのか、探ってみることにする。

 

 

包み隠さず。

怖れから逃げずに。