とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その95

Sarah Vaughan (邦題:サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン)+1

 

f:id:maruyamabase:20170814141320j:plain

 

f:id:maruyamabase:20170814141331j:plain


UCCU 5016

 


1.Lullaby Of Birdland
2.April In Paris
3.He's My Guy
4.Jim
5.You're Not The Kind
6.Embraceable You
7.I'm Gold There Is You
8.September Song
9.It's Crazy
10.Lullaby Of Birdland(alt.take)


parsonel

Sarah Vaughan(vo)
Clifford Brown(tp)
Herbie Mann(fl)
Paul Quinichette(ts)
Jimmy Jones(p)
Joe Benjamin(b)
Roy Haynes(ds)
Ernie Wilkins(arr,cond)


recorded December 16 &18,1954,NYC


クリフォード・ブラウンと組んだヴォーカルアルバムは、必ずといっていいほどの注目を浴びました。
そしてその注目は、後世にも引き継がれることになります。
サラ・ヴォーンは女性のジャズヴォーカリストの中で必ずと言っていいほど名前が挙がるひとりです。
才能ある二人の出逢いが生んだ最高傑作とも言われているのが、こちらの作品です。
この作品サラの歌声は、ウィットな、そしてどことなく甘さを感じさせる声になっています。
この時代は綺麗なヴォイス、というよりは、個性的な声といったほうがいいかもしれませんが、その人ごとに哀愁漂う声であったり、スインギーな声であったりと、傾向もあれば好みも変わります。
しかしこの作品はそれらの傾向全てを越境し、虜にした作品と言っても過言ではありません。
メンバーには25歳でこの世を去った天才、ブラウニーことクリフォード・ブラウンをはじめ、フルートにハービー・マン、サックスにコルトレーンとも組んだポール・クィニシエット、ドラムのロイ・ヘインズがいることにも注目です。