とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その104

Dreaming Of Revenge  /  Kaki King

f:id:maruyamabase:20171002100853j:plain

f:id:maruyamabase:20171002100912j:plain

f:id:maruyamabase:20171002100930j:plain

 


PVCP-8036


1.Bone Chaos In The Castle
2.Life Being What It Is
3.Sad American
4.Pull Me Out Alive
5.Montreal
6.Open Mouth
7.So Much For So little
8.Saving Days In A Frozen Head
9.Air and Kilometers
10.Can Anyone Who Has Heard This Music Really Be A Bad Person?
11.2 O'Clock
12.I Need A Girl Who Knows A Map *
13.Zeitgeist *


*…bonus tracks

 

 

 


parsonel

1.
Kaki King(ag,eg,key,ds)

2.
Kaki King(vo,ag,eg,sg,key,prc)
Malcolm Burn(key)

3.
Kaki King(ag,eg,perc)
Malcolm Burn(key)
Craig Santiago(bds)

4.
Kaki King(vo,ag,eg,ds)
Malcolm Burn(p,b,perc)
Dan Brantigan(analog EVI)

5.
Kaki King(eg,lap steel,b,ds)
Malcolm Burn(eg)

6.
Kaki King(ag,eg,pedal steel)
Yuval Semo(key)
Elissa Cassini(first violin)
Funda Cizmecioglu-Goetze(second violin)
Youyoung Kim(viola)
Jane O'Hara(cello)

Strings arranged by Yuval Semo

7.
Kaki King(ag,eg,key,b)
Malcolm Burn(key,eg)
Dave Treut(cl,ds)

8.
Kaki King(vo,ag,eg,ds)
Malcolm Burn(b)

9.
Kaki King(ag,eg,lap steel,key,ds,perc)
Malcolm Burn(eg,harmonica)
Bora Yoon(violin)
Youyoung Kim(viola)
Jane O'Hara(cello)

Strings arrabged be Kyle Sanna

10.
Kaki King(eg,key)
Dave Treut(ds)
Elissa Cassini(first violin)
Funda Cizmecioglu-Goetze(second violin)
Youyoung Kim(viola)
Jane O'Hara(cello)

Strings arrabged be Kyle Sanna

11.
Kaki King(vo,ag,eg,pedal steel,ds,tears)
Malcolm Burn(key,eg)

 


-bonus tracks-

12.
Kaki King(eg)
Malolm Burn(b)
Dave Terut(ds)

13.
Kaki King(eg)
Malcolm Burn(b)
Dave Terut(ds)

 

 

 

 

シングルではなく編成を組んでの作品となり、カーキ自身がヴォーカルを吹き込んだ曲も数曲含まれています。
自分以外の人を、自分が表現したい「音」の中に組み込んでいくという試みを始めたアルバムとなり、ひとつジャンルの境界を超えて臨むといったかたちに思えます。
この中でカーキ自身も実に多彩に楽器を扱っており、パット・メセニー山下達郎と似たようなことを今後やろうとしている気がするほど。
一貫して思えるのは、彼女には「決めつけ」がないということ。そういった考えがないからこそ、個性的であり、また迫力のある作品が生まれるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

オラクルカード・マテリアライズは現在ココナラでもサービス展開中です。

 

maruyamabase.hatenablog.jp