とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

タスクはリスク。

だんだんと、日々の業務量が増えてきています。

 

 

 

今回はリーダー的役割として仕事をさせていただいていますが、オペレーターさんのフォローのほかに、並行して行わなければならない業務が発生します。

 

その業務はデイリー(日次)のものであったり、いついつまでにというものもあり、中々頭を悩ませます。日次の他には月次といった表現がある通り、どの業務においても締切のタイミングがあります。それに向けて滞りなく進めていく必要があります。

 

特に業務全体が見えていない場合(慣れていないことも含める)、いつのまにか渦中に入ってしまう可能性が高くなります。常々教えられてはいるものの、実感が湧かないということが起こります。そして結果として悠長に構えていた結果、嵐の中に入ってしまうという展開になってしまいます。

 

 

わかってはいるけれど、いまはなんとかなっているから。

そんな悪魔のささやきに惑わされてしまう。

 

 

そのような経験は、きっと多くのかたがされているのではないかと思います。

 

 

  

日常生活でも、時期によってやるべきことの数が変わっていきます。

そう考えると、仕事とか日常とかに関係なく、常に「やること」というのはついて回るようです。

そのやるべきことは、処理されることを待っています。

常に、待っています。

処理しないと、そこから消えることはありません。

 

それでも、何かと理由をつけて先延ばしをしてしまう。

それはやり方の問題なのか、それとも考え方の問題なのか。

奥が深いものに感じてきました。

 

 

 

 

事実としては、やるべきことをやらずに「先延ばし」をしてしまったらどうなるか。

 

答えはかんたん。「パンク」します。

どうにも手が負えない状態になります。リカバリのためにっかなり大きなエネルギーを投入することになります。それは日常でも、仕事でも言えます。

 

そうならないためにも。

 

「やる!」というマインドが必要なんじゃないかと。

 

じゃあ、どうやってやるの?となった場合、マインドがしっかりとあれば、逆算して構図を考えていきます。組み立てです。より現実的な行動に表れていきます。

 

がらくた整理も、同じことだと考えていました。

 

 

 

 

 

 

これから仕事は本格的な繁忙期を迎えます。

 

担当の社員さんが言うには「祭り」だそうで(汗)

とにかく忙しい、とにかくとにかくという感じだそうです。

その中でも、やるべきことはやらなければなりません。

やらなければ終わりません。

 

でも、その期間は短期間です。

その短期間で、やりきること。

それは、後々大きな自身につながっていきます。

 

がらくた整理も、同様なのです。

 

 

 

 

 

 

一番初めにがらくたを整理したとき。

期間としては短期間とは言えませんでしたが、途切れることなく家にある自分のモノを整理し切りました。その結果、当時は仕事をしていませんでしたが、仕事の誘いが来るという展開を経験しています。

 

同じような展開を望むわけではありませんが、だらだら整理することだけはだめだと思うようになりました。物量が多くても、少なくても、間延びしないように注意しながら、物事に手をつけていかなくてはと思うようになりました。

 

この姿勢は、無論仕事にも活きてくると信じています。

 

 

 

 

 

状態としてはまだまだ仕事に慣れず、先輩方に迷惑を掛けている状態です。

頭ではやることがわかっているものの、それが中々行動に移せないもどかしさも感じています。

そこから脱却するためには、行動が必要です。

行動を起こすためには、マインドが必要です。

 

気持ちという「軸」をしっかり持ち取り組むことで。

 

 

新しい世界や、充実感というものが掴めてくるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンダラオラクルカード・マテリアライズは現在ココナラでもサービス実施中です。

 

maruyamabase.hatenablog.jp