とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その106

【Series Wayne Shorter

 

Wayning Moments  /  Wayne Shorter

 

f:id:maruyamabase:20171002101948j:plain

 

f:id:maruyamabase:20171002102005j:plain

 


BSCP-30054

 


1.Black Orpheus
2.Dvil's Island
3.Moon Of Manakoora
4.Dead End
5.Wayneing Moments
6.Powder Keg
7.All Or Nothing At All
8.Callaway Went That-A-Way
9.Black Orpheus(take3)
10.Dvil's Island(take1)
11.Moon Of Manakoora(take1)
12.Dead End(take7)
13.Wayneing Moments(take3)
14.Powder Keg(take1)
15.All Or Nothing At All(take2)
16.Callaway Went That-A-Way(take1)

 

 

parsonel

Wayne Shorter(ts)
Freddie Hubbard(tp)
Eddie Higgins(p)
Jymie Merritt(b)
Marshall Thompson(ds)


Recorded in Chicago,1962

 


ウェインのVEE-JAYレーベルにおけるリーダー3作目。
前回に続き、伝統のモダンジャズを披露してくれています。
全体のレベルがとても高いと感じさせる演奏もそのはず。
脇を固めているメンバーにフレディ・ハバード、そしてエディ・ヒギンズがいます。
この時で30手前の年齢。才能の片鱗を見せてくれています。

ブルーノート、そしてソニーへ残した音源とは異なるものがありますが、若かりし頃に収めた演奏に彼の本質が込められており、彼のサックスの音色を決める原点があるように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 オラクルカード・マテリアライズは現在、ココナラでもサービス展開中です。

maruyamabase.hatenablog.jp