とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

揉まれる

とてつもないいそがしさの大波が押し寄せてくると

 

どうしてもあたまとからだが止まってしまうようだ

 

数々の思考も

 

口にしたい台詞も

 

浮かぼうとするまえから

 

どこかにさらわれてしまう

 

 

あとに残されるのは

からっぽだけだ

 

 

 

このなかでも立っていくすべを見つけなければならない

このなかでも流されないすべを見つけなければならない

このなかでも

このなかでもなのだ

 

どうしても粗が出る

 

それを怖れてはいけない

 

 

怖れていては

 

なにもかもが凶器になる

 

それはやがて狂気になり

 

水底へ引きずりこむだろう

 

 

 

 

そうならないためにも

 

わたしはわたしをもちつづけなければならない

 

それがまさしく いきるということだと思う