つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その131

Natural  /  noon

 

f:id:maruyamabase:20180114103746j:plain

f:id:maruyamabase:20180114103806j:plain

 

VICJ-61676


1.やさしさに包まれたなら
2.The Girl from Ipanema
3.Chega de Saudade
4.Danny Boy
5.Ifall in Love Too Easily
6.Desafinado
7.Agua de Beber
8.I Say a Little Prayer
9.Acaso
10.It's Only a Paper Moon
11.The Shadow of Your Smile
12.Travessia


parsonel

noon(vo)
フェビアン・レザ・バネ(p)
中島徹(p)
中村善郎(g)
助川太郎(g,cavaquinho)
馬場孝貴(g)
コモブキイチロウ(b,el-b)
佐藤慎一(b)
加納樹麻(ds)
岡部洋一(perc)
村田陽一(tb)
スティーブ・サックス(fl)
山根公男(cl,bcl)

プロデュース:村田陽一

 

 

自身初の「ボサノヴァ」アルバムになります。収録曲は全編ボサノヴァではありませんが、終始ゆったりとした空気が流れます。
綺麗な、そして澄んだ声は楽曲のイメージを大きく変えることがありますが、noonの声はまさしく「変える」力を持っています。
風を感じたくなる。光を浴びたくなる。そんな気持ちにさせてくれるアルバムです。