つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

挨拶の話。

辞令の交付後は、挨拶回りが続いています。

 

 

遠方に行ったり、はてまた近隣だったりと、その時の状況に合わせての行動のため、なかなか調子をつかむことができないでいます。

 

名刺もあらかじめあったフォーマットに自分の情報を載せて作成。

今後は名刺づくりにもこだわりたいと考えています。

 

 

 

f:id:maruyamabase:20180404174203j:plain

 

 

最近の八雲は曇りの日が多いです。

きょうなんて、霧雨のち雪(涙)

思いがけず肌寒い日々を送っております。

 

 

各方面を廻る際に大切にしていること。

それは「挨拶」。

 

いわずと知れた、社会人にとって基本中の基本です。

 

 

おはようございますおつかれさまです

失礼します

 

などなど、ひと声かけるだけで変わる何かがそこに存在します。

 

逆に挨拶をせず、いきなり中身を話し出すのはどうでしょうか。

相手はびっくりするでしょうし、どのように対応すればいいのか考えてしまうと思います。

 

挨拶はお互いを知るための魔法の言葉でもあります。

挨拶はすべてを始めるための号砲でもあります。

地域おこし協力隊員となって、改めて挨拶の大切さ、奥深さを感じています。

 

これまでの挨拶先としましては、行政関連から地域の商店、協会の方や商工会の方などほんとうに様々。今後は自分でも挨拶する先を見つけ、自分という人間を見せていかなくては(知ってもらうことも含めて)と考えています。そのためしばらくは「今年から地域おこし協力隊として活動します」というのを枕詞に使っていくと思います。挨拶する先が多ければ多いほどいい、と、今は考えています。その時は挨拶だけで終わっても、今後の活動次第では「つながる」可能性も秘めているわけです。そう考えると、この挨拶は「種まき」になります。今後の自分の人生を左右する大切な展開となります。だからこそ、真剣に取り組んでいきたいと思います。

 

 

f:id:maruyamabase:20180404180254j:plain

 

ぼくの配属先は町の「商工観光労政課」。

勤務先は、JR八雲駅からほど近い場所にある「Loughmo(ら・ふも)」となりました。

 

普段はここにおりますが、これから外出することも増えていくと思います。

この場所を拠点として、ぼく自身ができることをこの町に注いでいきたいと思います。

 

 

 

この場所はドリンクや一部フードの販売も行っていますが、憩いの場としても提供しています。今後は町の広報誌にも顔が出ますので、いらっしゃる方も増えると思います。いらっしゃった際には、元気に挨拶したいと思います。