つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャス編 その142

 【Series John Coltrane

Black Pearls / John Coltrane

 

f:id:maruyamabase:20180418222709j:plain

f:id:maruyamabase:20180418222729j:plain

 

VICJ-2166


1.Black Pearls
2.Lover Come Back To Me
3.Sweet Sapphire Blues


parsonel

John Coltane(ts)
Donald Byrd(tp)
Red Garland(p)
Paul Chambers(b)
Art Taylor(ds)

Recorded May 23,1958

 


コルトレーンにとっての1958年は、かなり凝縮されています。
というのも、この年に収録された音源の数が多いということになります。
マイルスのバンド、モンクのバンドを経験したこともあってか、精力的に活動をしていた時期でもあります。
プレスティッジにおけるこのメンバーはもはや不動といってもいいクィンテットとなり、57年から続く活動の評価として有名な「シーツ・オブ・サウンズ」ということばが生まれました。
3曲目は18分を超える大作になっていますが、この後の彼の活躍を見ると、こんなの朝飯前という気持ちに見えて何だか複雑でもあります。