つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その146

【Series John Coltrane

The Believer / John Coltrane

 

f:id:maruyamabase:20180512222459j:plain

f:id:maruyamabase:20180512222515j:plain

 

VICJ-2151


1.The Bliever
2.Nakatini Serenade
3.Do I Love You Because You're Beautiful


parsonel

John Coltrane(ts)
Donald Byrd(tp) *1.2
Freddie Hubbard(tp) *3
Red Garland(p)
Paul Chambers(b)
Louis Hayes(ds) *1.2
Art Taylor(ds) *3


recorded

1.2:1958年1月10日
3 :1958年12月26日

 


収録の6年後、1964年にリリースされたアルバムで、ひとつの収録日に何曲か録音したものをカッティング、それぞれ違うアルバムに振り分けられています。
6年後に発表ということは、当時のコルトレーンの人気にあやかってという感じ鳴るのでしょうか。
トランペットにドナルド・バード、そしてフレディ・ハバードを擁したクィンテット編成での録音は、豪華さもさることながら、後追いながらもコルトレーンの実力と、それを認めた周りの影響を強く感じることが出来る1枚になっています。