つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

【詩】翻訳していけば

自分の頭の中に考えていることや

 

自分の心の中に感じていることなどを

 

そういとも簡単に文字に表すことの出来る人は少ないと思う

 

そこまで着実にことばに表すことは正直難しいし

 

何より面倒臭い

 

どんなことばがいいだろうと考えているうちにどうでもよくなったり

 

そんなん行動で示せばいいじゃんとなってやめてしまったり

 

とにかく最後まで続ける人は少ないと思う

 

 

いつからか

 

自分の中にあるものをことばにしつくしていこうという想いが生まれた

 

それは正直茨の道だ

 

だってそうだと思う そんなことをしていったい何の意味があるのか

 

それはもう 自己満足とかのレベルなのだが

 

その自己満足の域を超えていきたいと思ってしまうのだ

 

その文字を そのことばを見た瞬間に

 

その人の表情や感情ががらりと変わっていく

 

 

そんな触発を 自分は投下したいのだと知る

 

 

 

決して届くことのないことばもある

けど 1万2千年あとでもいいから

ぼくの本気を わかってもらえればうれしい

 

そこから いつもとは違う一歩を触発するから