つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

さいごの早番。

今週はずっと早めに家を出ていた。

 

 

なんだか、自宅ではない場所で、ひとりの時間が欲しかった。

 

 

 

 

2階にある家を出て、階段を下りて下界に足を踏み入れる。

 

 

f:id:maruyamabase:20190314221136j:plain

 

 

 

今朝も息は白く、水たまりには氷が張っていた。

 

 

f:id:maruyamabase:20190314221227j:plain

 

 

吉田川沿いを、駅前に向って歩く。

 

f:id:maruyamabase:20190314221323j:plain

 

駅からは役場のほうに向って方向転換をする。

 

 

f:id:maruyamabase:20190314221434j:plain

 

 

この道はその昔、国道だったそうだ。

つまりは、発展の要だったということ。

 

道の流れが変われば。

それを実感する光景だった。

 

f:id:maruyamabase:20190314221513j:plain

 

 

 

現在は道道となった道をひたすら歩く。

 

そして信号を曲がり、踏切にさしかかる。

 

f:id:maruyamabase:20190314221551j:plain

 

 

この踏切からは、公民館や梅雲亭が見える

 

 

 

 

もう、見慣れた光景のはずだった。

 

 

踏切を渡って右側に歩を進めると、役場近くのコンビニが見えてくる。

 

f:id:maruyamabase:20190314221638j:plain

 

幾度となく、このコンビニで朝食や昼食、珈琲などを買った。

朝いる店員さんにはおそらく、顔は覚えられているだろう。

素性はひょっとしたら、知らないかもしれないけど。

 

 

ちなみに、変形交差点が多いような気がした。

 

f:id:maruyamabase:20190314221733j:plain

 

 

そこから少し歩けば、八雲町役場がある。

 

ここに公用車と店舗の鍵を借りて、車でら・ふもまで戻る。

 

f:id:maruyamabase:20190314221815j:plain

 

数えてはいないけど、こんなに早く最後の日が来るなんて考えもしなかった。

 

だからこそなのかもしれない。

一歩を噛み締めて踏みしめて、15分という通勤時間を抱きしめたかった。

 

人によっては嫌な道のりなのかもしれないけれど、ぼくにとっては発奮する準備をするためのインターバルだった。

 

 

存在すら知らない人は確実にいるけど、その銀河の中でひとつぶの星のように、その輝きで主張していたのです。他の光りに混ざっていたのだろうけれど。

 

 

 

今日という1日も、ぼくはここ八雲町で生きていました。