つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

年末年始に買ったモノ③

ちょびっとシリーズ化させてしまっています 笑。

 

 

これまでのは

 

maruyamabase.hatenablog.jp

 

 

maruyamabase.hatenablog.jp

 

となっています。

 

 

今回はコチラ。

 

f:id:maruyamabase:20200108223908j:plain

書籍が2冊ですが、「それぞれ別の店舗」に購入しています。

 

 これまでは「楽天ブックス」が常套手段でしたが、1回しかカウントされません。

そのため、上記の店舗以外で書籍を買うことは出来ないのだろうか?という素朴な疑問を抱き、買い求めたい書籍を取り扱っている店舗を探しました。

 

 

結果はやはり。

 

楽天ブックス以外にも、書籍を扱っている店舗を発見しました。

というわけで、上記の2冊で2店舗のカウントがされています。

価格はどちらも基準を満たす最低価格、となっており、カウントを稼ぐには充分。

 

 

やりくりしてみるもんだなぁとこの時はしみじみ思いました。

 

 

本やCDを扱うところ、意外にもあります。

もしCD1枚、雑誌1冊でも基準を満たし、かつ店舗での特典(送料無料など)を受けることが出来るのであれば、活用しない手はありません。

 

財源はやはり有限なので、どこかで財布の紐をきつくする必要がありますから、こういった買い物は大いに助かると思っています。

 

まぁ、こんな買い物をするのは数年に1度だと個人的には思っています 笑。

 

 

 

自分が買ったものを晒して何が楽しい?となってしまうのですが、ブログはやはり自分の日常の切り売りが絡んできます。その中で取捨選択をしていく訳です。その中には夢見るひとたちが望むキラキラ系もあれば、闇に包まれた黒歴史的なものもあります。

 

個人としては、真っ黒け、ですけどね 笑。

 

 

 

 

ブログを続けていく以上は、自身の等身大の日常を綴っていくという義務が生まれます。

美談もときには必要ですが、日常はそればかりではないことを自覚する必要があります。

 

これもひとつの忘備録となっていますが、書いていくことで自分自身へのフィードバックもされることから、今のところですが続けることが出来ていると言っても過言ではないです。

 

どんなにくだらない(汗)日記でも、自分にとってほんの少しでも前進になるのであれば、ぼくはその苦労も望んで受け容れましょう。