つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

静電気、静電気!

乾燥し始めた時期からなのですが、身の回りでパチパチいいます。

 

もともと静電気が走る体質なのに加え、軍手等も着用して仕事をすることがあるため、自然と帯電してしまうようです。

 

 

f:id:maruyamabase:20200201221624j:plain

デスクですらこんな状況ですから、もう普段から気をつけないとなりません。

 

 戸棚に触るだけでパチッ。

机に触るだけでパチッ。

誰かから何かをもらう際にもパチッ。

 

正直、イヤです(涙)

 

 

仕方ないのでそのまま仕事をしています(生活もしています)が、先日ちょっとした発見がありました。

 

 

それは普段の生活の中ではあり得ることなのですが、何かがきっかけでひどく「怒る」場面があると思います。文字通り頭に血が上るというような。

 

あまり健康によろしくはないのですが、この仕事に慣れないせいなどもあり、今年度はちょくちょく頭に血が上っていました。それはもう周りが慌てて制止するほどです。怒りを覚えないことにこしたことはないのですが、時には怒りも必要なことはあります。

 

とにかく、頭に血が上るほど怒りました。

八雲町に来てからは、結構こういう場面が多いのは本当にお恥ずかしい。

いろんなことをやってきたのにも関わらず、です。

 

で、怒りを覚え、何とか自分自身で鎮めたのですが、その後からが大変でした。

 

つまり、

静電気が走る割合がぐーんと増えたのです

 

 

触れるものすべてがパチパチ言いました。

これはもう驚愕の事態でした。

 

 

そんな事態を迎えて、もちろん原因を考えました。

水分が足りてないとか、うるおいがないとか(もうおっさんですから)の他に理由はないのか?と考えていましたら、先ほどの「怒り」がトリガーになったのではないかと仮定しました。

 

どうやら怒りは、体内にある水分を減らす作用があるようです。

言い換えれば、マイナスのエネルギー(または気のようなもの)が充填されるといったほうがいいでしょうか。とにかく、良いことはないということがわかってきました。

制御やコントロールといった表現にも近いですが、感情に流されないように意識していくことが大事だと改めて学びました。

 

 

 

令和2年2月はどうなることやら。です。