つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

誰かが何処かで

連日報道されております、新型肺炎

 

 

新型肺炎にかかった人や、それが原因で亡くなった人の数が、日に日に増えています。

 

日本も水際対策をしてきていましたが、それも難しいといいますか、限界があるようです。

 

 

専門的なことは何もわからないのでアレなんですが、先日図書館から借りてきた本の中に、興味深いストーリーのものが含まれていました。

 

それは

 

f:id:maruyamabase:20200213221308j:plain

レイク・クローバー 楡周平(にれしゅうへい):著 講談社

八雲図書館蔵

 

f:id:maruyamabase:20200213221414j:plain

ナニワ・モンスター 海堂尊(かいどうたける):著 新潮社

八雲図書館蔵

 

 

です。

 

 以前にも大きな出来事が起こりますと、誰それのどんな作品がその内容に酷似しているといった報道が流れていた記憶があります。

 

上記の2冊は今回の肺炎とはまったく関係のないストーリーではありますが、導入や展開の部分において、新型肺炎が広まった原因の一部を解説しているようにも思えました。

 

ちなみに、2冊とも読みごたえがあります。

今回の報道とは関係なしに、機会があれば是非お読みください。

 

 

 

人間が積む経験値というのは、自分が実際に動いて得るものと、書籍などを読んで得るものなどがあります。自分は本の虫のため、何かと本にヒントや答えを求めようとする癖があります。そこを突っ込まれたこともありますが(しかもかなりキツく)。

 

望むべくは、その両方を兼ねていくことができればな、と後悔することがあります。

 

 

日常の情報は新聞とネットのニュースが中心のため偏りはどうしてもありますが、その内容にうんざりするのではなく、自分なりに考えて読み解く必要も感じました。ただひとつひとつの報道に感情的になっていては、ダメなのですね。

 

 

きょうの八雲町は驚くくらいの陽気に包まれました。

札幌雪まつり中に降った大雪が、またどこかへ行ってしまいそうな勢いです。

 

明日も仕事です。元気に過ごしたいと思います。