つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。このたび不定期更新に切り替えました。

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week3 side:A

3週目はテレビアニメーションで起用された歌で編成してみました。

 

アニメーションも漫画も、自分が幼少の頃は大人から嫌われていた感がありました。

あまり見させてもらえなかったんですよね。

オタクという言葉が生まれた頃も印象はどこかネガティブだったのですが、現在では逆転しています。世界に発信できるコンテンツであるとともに、文化文明の要素も携えています。日本が世界に誇ることの出来る技術のひとつだと感じています。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week3


15日目:rise / origa(攻殻機動隊 SAC)

 

youtu.be

 

origaのフルネームは"オリガ・ヴィターリエヴナ・ヤコヴレヴァ"。
44歳で死去した、早逝のロシア人シンガー。


記録を確認すると、日本のレーベルに所属しアルバムも発表しているほか、楽曲の提供も行っている。

有名なのは攻殻機動隊シリーズにおける楽曲だが、「FFXⅢ-2(ファイナルファンタジー)」でもその美声を披露している。


公式サイトのニュースを辿ってみていくと、1991年に交換留学生で札幌に来たことがあるとのこと。
93年に東京へ移ったとの記載があるので、約2年間、オリガは北海道で過ごしていたことになる。
とても親近感がわくとともに、彼女がいないことを寂しく思う。


攻殻機動隊における楽曲は、その日本語訳を見る限りは「聖典」の類を読んでいる感覚になる。
もしくは吟遊詩人が詠んでいるかのよう。
その物語を聴いて、わたしは現実世界を戦場に見立て、飛び込んでいくのだ。


なお今週はすべてアニメーションで使用された楽曲で固めていく。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week3


16日目:創聖のアクエリオン / AKINO

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be


創聖のアクエリオンはSFロボットアニメで、メカニックデザインが当時話題となった。
音楽は菅野よう子
主題歌となった当局はドがつくアニソンだが、ラブソングだが、わしづかみにされる何かがある。


放送当時は大いに話題となり、シリーズ化される。


主題歌を歌ったのは「AKINO」。
bless4という兄妹バイリンガル音楽ユニットとのこと。
アメリカ出身沖縄育ち。キーの高さには驚いた。

個人的に、これは完全なるバトルソングだと思っている。
やっつける対象は書類の束になるが、つい口ずさむメロディは自然発生的にやる気を生む魔法となった。


どうにも特定のメロディで自分の心と体は反応するらしい。
以前よりも「音」がよく聞こえるようになった証拠だと思っている。


1万2千年前からわかっていれば、と後悔している。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week3


17日目:ライオン / シェリル・ノームランカ・リー(May'n & 中島愛) at MACROSS Flontier

 

youtu.be

 

アニメーション「マクロス」シリーズの中の1作で、シリーズ初の歌姫2人という設定。
調べると前作は「マクロス7」で、13年の時間が空いていた。
TVアニメーション(2008年)の他、劇場版も制作された。

マクロスというアニメーションはメカニックのほか、「歌」がピックアップされている。
過去作に関しても楽曲が度々取り上げられており、作品の代名詞となっている。

ここぞというシーンで流れる楽曲は、インストに限らず歌も心身を高揚させる効果があるように思う。この曲もそのような効果を感じる。

この仕組みは、マクロスシリーズではずっと続いている。
歌で心身が昂ぶるのだという経験は、ずっと忘れないだろう。


ちなみにシェリル・ノームの歌唱パートをMay'nが担当しているが、声優は別(遠藤綾)。
ランカ・リーに関しては歌と声優両方とも中島愛が担当している。


メカもそうだが、楽曲もふんだんに盛り込まれた、原点回帰ともいえる作品であると思う。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week3


18日目:Lost In Paradise feat.AKLO / ALI

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be


バンドの正式名称は「Alien Liberty International」とのこと。
多様な要素を取り入れた、現代的なバンドのひとつ。

現在のメンバーは
LEO(vo)
LUTHFI(bs)
CÉSAR(gt)

の3名で、旧メンバーの一部もサポートメンバーとして参加することがあるとのこと。


2019年より活動開始。

2020年に表題曲で脚光を浴びるも、2021年にメンバー不祥事で無期限活動休止(約6か月)。


このバンドの音楽は色んな要素が組み込んであり、ソロパートにおいてはジャズを表現している。自分のバンドの外から刺激を取り込み、独自性の強い楽曲を生み出す様は宇宙のよう。
音楽の可能性を感じさせる存在だと感じている。

リリース記録を見てみると、配信に力を入れている模様。
メンバー紹介を見てみると、「全員ハーフの多国籍バンド」となっている。
これはかなりの強みではないだろうか。
ずっと耳に残る楽曲を創り続けて欲しいと思う。

アニメーション「呪術廻戦」の第1期エンディングテーマ。

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2 side:B

2週目後半。こちらには1週目後半同様、1曲追加しています。

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

12日目:I am / TM NETWORK

 

youtu.be


小室哲哉(syn,key)
宇都宮隆(vo)
木根尚登(gt,key)

1984年デビュー。誰もが知るバンドのひとつ。

2024年、デビュー40周年を迎える。

1994年に活動終了するが、1997年に再結成を発表。
コンスタンスに実績を積み上げていくとともに、過去作品が再び脚光を浴び始める。

[Get Wild]が特に有名とされているが、数々のタイアップ曲があるほか、もっと評価されてもいい曲もある。その曲が流れれば、記憶の引き出しが動き出すこともしばしばだという。


2024年のGWにNHKラジオで特番が放送された。
ドはまりした年代だからだろうが、曲を聴くと心震わす自分がいる。


表題曲は2012年発表。前シングルから5年後の発表。
いまとなっては懐かしい思い出だが、苦しかった記憶として、以前横浜市で単身赴任していたとき、相鉄線を利用しての通勤中によく聴いていた。あの光景がよく似合っていたと回想している。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

13日目:RE:I AM / Aimer

 

youtu.be


読みは「エメ」。フランス語で「愛する」または「好む」を意味するとのこと。
2011年より活動開始。
彼女の声は独特の声質であるが、幼少期に声帯を痛めたことに起因する。現在もその傷は治っていないとのことだが、そのお陰で現在の歌唱法を見出すことが出来たとしている。

カバー曲やアニメ、ドラマや情報番組のタイアップで楽曲を提供。かなりの数にのぼる。

わたしが知ったのは「機動戦士ガンダムUC」における表題曲。
この声に鳥肌が立ったことを憶えている。

調べてみるとジャズやブルースにも触れているという。
是非聴いてみたいと思う。
昨今は唯一無二の声を持つアーティストが普通に出てくることに戸惑いを覚えているが、彼女の声には永く触れていきたいと思っている。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

14日目:wanna Be A Dreammaker / globe

 

youtu.be

 

メンバーは

小室哲哉
マーク・パンサー(パーク・マンサーではない)
KEIKO

の3人。


1995年にデビュー。一時代を築いた音楽ユニット。
表題作は98年発表のシングル13作目にあたる。
シングルタイトルは英語表記のもの多い。最後のシングルは2005年発表。
2006年に事実上の活動休止状態。


しかしながら根強い支持が続いており、節目で記念盤を発表。
直近は10000days。ここに新曲も収録されている。


globeの曲はテクノやダンス色が強い印象を持っている。
ラブソングも光るが、その中から強い意志を感じる当曲をセレクトした。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

cool down:something / 酒井ミキオ

 

youtu.be

 

1994年にメジャーデビュー。

表題の楽曲は3枚目のシングル。

 

デビューシングルはタイアップがつかなかったが、2枚目以降にタイアップがつく。

この楽曲にはフジテレビの深夜連続ドラマ「HEARTにS」のテーマソングとなる。

酒井ミキオを知ったのは、このドラマからであるが、ドラマは放送後映像作品化されていない。ドラマは単行本化されている。

 

経歴を見ると楽曲提供を積極的に行っている。結構な幅広さだと思う。

北海道旭川市出身とのこと。

 

 

きっかけがあり、移住してからは意識的に前しか向いていなかったことに気づく。

ふと後ろ(過去)を振り返ると、自分自身を支えてきた大切な時間があったことを知る。

いまをいきることはとても大事なことではあるが、これまでの積み重ねがいまを形成していることを忘れてはいけない。とてもいいきっかけを与えてくれたと感謝している。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2 side:A

2週目前半の記録になります。

忙しい合間に考えましたが、久々に楽しい時間でした。

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

8日目:陽はまた昇る / 高橋優

 

youtu.be

 

 

2010年デビュー。大学時代は札幌に在住。ストリートミュージシャンだったらしい(狸小路)。
(調べてみたら札幌学院大学
そういった経緯もあり、北海道民は高橋優にあたたかい印象がある。

当楽曲は映画「桐島、部活やめるってよ」に起用(映画バージョンあり)。

強烈な楽曲もあれば、肩の力を抜かせてくれる楽曲もあり。
しかしながらどの楽曲に対しても、注ぎ込む熱量は相当なものと感じている。
「東京うんこ哀歌」という歌があるが、このような歌ですら超真面目な顔して歌っている印象を持ってしまう。これはあくまで個人的印象。

長く歌って欲しいアーティストのひとり。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

9日目:一滴の影響 / UVERworld

 

youtu.be


TAKUYA∞:vo
克哉:gt
信人:bs
誠果:mp,sax
彰:gt,prog
真太郎:ds

UVERworld30枚目のシングル。アニメ青の祓魔師エクソシスト) 京都不浄王篇のオープニングテーマに起用される。

2000年結成(前身バンド。2003年に現バンド名に改称)。
バンド名の由来は「自分達の世界をも越える」。

メッセージを「伝える」力は唯一無二。この楽曲なら届くんじゃないかという希望がある。
マイクパフォーマンスも熱く、呼応させる力が確かに存在している。

選んだ楽曲もその力強さを感じる曲。

自分は何かと「損を被る」性格。
自分が悪者になればいいとか、自分だけを恨めばいいとか、それで何かが救われるならばとこの身を犠牲にしようとする癖がある。

この曲はその姿勢を優しく否定してくれている。その優しさはあたたかさで、このような自分でも生きていっていいのだとささやかに確信することが出来る。

この楽曲に背中を押された人も多いと思う。わたしもそのひとりである。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

10日目:Viva La Vida / Coldplay

 

youtu.be

 

Chris Martin (vo,p,gt)
Jonny Buckland(gt)
Guy Berryman(bs)
Will Champion(ds)
Phil Harvey(c-direc)

1997年結成。複数回の改名を経ているとのこと。デビューは98年。
数多くのアーティストに影響を与えている、イギリスのロックバンド(としておく)。

楽曲の邦題は「美しき生命」。2008年発表。
宗教感が漂うタイトルとメロディだが、これが大ヒットし、グラミー賞を受賞している。
唯一無二と言えるバンドであり、紡ぎ出す楽曲。
コールドプレイを知れば、そこからいろんなバンドを知ることが出来る。
現在の偉大なアーティストは、その分野のジャイアンツ(偉大な人)に影響を受け育ってきたとされる。
コールドプレイもまた、その列に並んだ偉大なバンドだと感じている。

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week2

 

11日目:青の行方 / 遊佐未森

 

youtu.be


1988年デビュー。宮城県仙台市出身。
どこからか聞こえてきたこととして、「和製ケイト・ブッシュ」と称される。
調べてみると、好きなアーティストとして挙げられているそう。

独特のメロディと歌唱法は印象に残るものが多く、静けさの中の強さを思わせる。
じっと耐える。耐えていけば冬もやがて春となる。
そんなことを思わせるイメージが個人的にはある。
北欧を想起させるメロディに何度も観了された。

代表曲は初期の作品で「夏草の線路」が挙げられる。
個人としては「靴跡の花」や「東京の空の下」を挙げたい。
過去に大正時代~昭和初期の歌をまとめたカバー作品を出したこともあり、歌の幅は広い。
懐かしい歌には彼女の声がよく似合う気がする。

デビューからではないが、今でも放さずに聴いている声。
疲れたときに、そして再び身体を起こすときに流したい音を、彼女は持っていると思う。

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week1 side:B

1週目の後半になります。

 

前半4曲、後半3曲という構成になりますが、テープに収めるには少し寂しいので、B面に関しては1曲追加しています。

 

それではどうぞ。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


5日目:らしさ / SUPER BEAVER

 

youtu.be


上杉研太(bs)
藤原"35才"広明(ds)
渋谷龍太(vo)
柳沢亮太(gt)

2005年結成。
知っている知識としては、インディーズ⇒メジャー⇒インディーズ⇒メジャーという変遷経ていること。

当楽曲はアニメ「ばらかもん」のオープニングテーマとなる。
このときはインディーズレーベル活動期。


アニメから名曲を知る機会が多いが、この曲もまさに「刺さる」印象。
自分の心や「何か」をわしづかみにされる感覚は、背中をまっすぐにすることを促される。
このバンドの多くを知っているわけではないが、とてもいい詞を書いてくれたと思っている。


さわやかに、かつ力強く。
その力強さも、軽やかさを携えたものにしていきたいと思わせてくれる曲である。

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


6日目:Re: / 9nine

 

youtu.be


2005年結成。当初は9人編成。インディーズレーベルよりレビュー。
メンバー編成は何度か、そして大きく変わり、5人編成時にメジャーデビューを果たし注目を浴びる。2019年に活動休止を発表。そのときのメンバーは4人。


ぼくが記憶に残っているときからの編成は


佐武宇綺
西脇彩華
川島海荷
吉井香奈恵
村田寛奈

※印は草創期からいるメンバー

となっており、その後川島海荷が抜けて4人での活動となった。


調べると、9nineというグループ名の由来は
10が完璧とすると“9”のみんな(結成当時の人数)が集まることで10に近づけるように頑張ろう、完璧じゃないが目標を持った者が集まり完璧なもの、ひとつのものを目指すという意味を込めて付けられた、とのこと(wiki参照)。

当楽曲はフジテレビ系連続ドラマ「リーガルハイ」のオープニングテーマとして起用。

このグループはパフォーマンスも素晴らしいと思うので、一見の価値あり。

 

youtu.be

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


7日目:Off You Go / 小谷美紗子

 

youtu.be


休息日的なことをまったく考えていませんでした。

全日突っ走る気概でセレクトしてしまっているので何卒。

 

小谷美紗子は1996年デビュー。「嘆きの雪」は北海道のラジオ局(AIR-G')でパワープレイにピックアップされる。

当初楽曲は「重め」のものが多い印象があったが、今回上げる曲にあるような、癖になるものも多数あり。

 

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)

 

cool down:差し色 / Bialystocks

 

youtu.be

 

メンバー

甫木元空(ほきもとそら) (vo)

菊池剛(きくちごう)  (key)

 

2019年結成。きっかけは映画「はるねこ」生演奏上映だったとのこと。

ユニット名の読みは(ビアリストックス)。

 

菊池の音楽のベースにジャズがあるとのことで、普遍的かつ先鋭的と評される。

 

表題曲は配信限定で7枚目のシングル。

テレビ東京系のドラマ「先生のおとりよせ」において、エンディングテーマとして起用される。

 

公式チャンネルには音楽・映像のクレジットあり。

 

 

聴いていて心地よく、かすかな望みであったとしても前を向けそうな、背中を押す、ではなく、背中に触れてくれそうな感触を持った曲。ドラマも好きで、毎週どんなおとりよせが届くのか楽しみだった。

 

原作はマンガ。まだ読んでいなかった。

キャストも秀逸。

お取り寄せをしたくなる、至福の時間だった。

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong) week1 side:A

ひさしぶりの記事になります。

 

 

現在自分の担当業務においてはワンオペで仕事をしております。

いろいろ考えながら日々業務を行っていますが、頭の中で仕事を進めることが増えたため、身体の疲労というよりは頭の疲労感が半端なく増えました。

 

適度に休養を(ときには強制的に)取るようにしていますが、どうすればこの状況でコントロールすることが出来るだろうかと、業務以外の時間で考えることが多くなりました。そのためか睡眠時間も短くなり、熟睡出来ている実感が少なくなってきています。

 

このままでは潰れる。

 

そうなりたくはないことを自覚していますが、大きな流れやうねりに飲み込まれるのではと思うと、どこかの段階ではどうにもできなくなるのではという危機感を常に抱いています。

 

大崩れしないためにも、食生活や睡眠は積極的にとる(最近削りがち)ことを心がけていますが、それだけでは単調になってしまいます。録画したビデオを見ることなども、本や新聞を読むことも、今ではままならない状況です。それでも何か、自分自身で自分の支えになるものを用意しておかなくてはなりません。そう考えたときに出てきたのは音楽です。短時間でも長時間でも、音楽はその世界に浸ることが出来ます。今はこの音楽の力を借りて、日々を生き残っていこうではないか。そんな流れになり、曲のピックアップをはじめたのです。

 

曲は既にtwitter(現X)で1日に1曲ツイート(現ポスト)しており、ここではそれをまとめたものを記録として残していきますが、ボーナストラックとして1曲追加するとともに、懐かしい記憶として、カセットテープのように「side:A,side:B」という表記で1週間分の楽曲を2回に分けることにしました。カセットやMD、CDといった媒体は記録可能な時間が決まっていましたので、その枠内にどんな曲を入れるか、せっせと考えていた青春時代がありました。そんな楽しみをこの年代で再び感じつつ、かつ生き残る(表現が強すぎですが)ために、今この時点で力になってくれる楽曲を選びました。

 

 

 

前置きが長くなってしまいました。それでは楽曲をどうぞ。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


1日目:MOMENTUM / DAI MIYAMOTO MOMEMTUM(BLUE GIANT)

 

youtu.be


composed by Yukinori Sawabe
Julius Rodriguez - piano, band leader
Emilio Modeste - saxophone
Jermaine Paul - bass 
Myles Martin - drums


漫画「BLUE GIANT」において、主人公宮本大がアメリカで活動中にかつてのバンドメンバー、沢辺雪祈と出逢う(EXPLORER~MOMENTUM)。
大との時間を過ごした雪祈は、大のための楽曲を書き下ろす。
劇中ではライブ時に雪祈がこの楽曲を演奏し、事故で負傷した腕(または指)を解放して聴衆の度肝を抜いた。

コミックスを読みながら楽曲を聴いていただくのがおすすめ。

 

 

個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


2日目:The Place Has No Name / ストレイテナー

 

youtu.be


ホリエアツシ:Vo/Gt/Key
ナカヤマシンペイ:Dr/Cho
日向秀和:Ba
大山純:Gt/Cho

バンド名の意味合いとして、「真っ直ぐにする人」とのことらしい。

本楽曲はテレビ東京で放送されたドラマ「不便な便利屋」のテーマ曲となった。
脚本&監督は「北海道のミスター」こと鈴井貴之
ロケ地は北海道赤平市
豪華なキャストに支えられた作品となり、北海道民の多くが視聴したとも。
ミスターの作品とあり、TEAM NACSの各メンバーがゲスト出演することでも話題を呼んだ。

ちなみに主要キャストの名前(役名)を見ると、「松竹梅」となっていた。

本作、大ヒットとはならなかったとのことだが、個人的にはお気に入りの作品。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


3日目:融雪 / THE SIXTH LIE

 

youtu.be

 

youtu.be

 

youtu.be


Arata [Vocals]
Reiji [Guitars&Programming]
Ryusei[BASS]
Ray [Drums]

2015年結成。通称は「T6L」とのこと。
電子ロック、ダブ、ヘヴィ等多彩な音楽面を持っている。
当人はこの曲くらいしか聞いたことはないが、ヴォーカルもさることながらバックバンドの音がいい。
融雪に関してはドラムがよく効いていて、ギターとベースはやや抑えめのマスタリングになっているだろうか。
ヴォーカルのキーや声質は高く細い印象だったが、バンドの音がよく引き立てていると感じた。

融雪という表現はなかなか聞かない。
しかし、生きているといろんな出来事に遭遇する。
融雪のような出来事が訪れれば、後悔も減るのになと思う。

当楽曲はアニメ「ゴールデンカムイ」3期エンディングテーマ。
心身高揚のためと言いながら、メッセージが強い楽曲を選びがち。

 


個人用心身高揚楽曲(bless and battlesong)


4日目:明日、春が来たら / 松たか子

 

youtu.be

メジャーデビューシングル。97年リリース。


松たか子は月9でよく見た女優さんで、好印象だった記憶がある。
当時木村拓哉とのコンビは最強に思えた。このふたり結婚するんじゃとまで思った。
松さんのお父さんである松本幸四郎(当時)さんも凄い俳優さんだと思って見ていた。

木村拓哉の結婚相手は工藤静香だと知ってはいるが、松たか子の結婚相手は誰だろうと思って調べたら、なんと佐橋佳幸。長く山下達郎竹内まりやのバンドメンバーとして活動してきた人ではないか。かろうじて22年のツアーでそのプレイを見ることが出来ていた。

 

恋のうただが、3日目に融雪を持ってきたので、雪が融けたら次は春、ということで選曲。


恋愛ではないが、春が来たら(もう初夏に近いが)、誰かに会いにいくのも悪くないと思う。
融雪から春に時間が流れるとともに、絡まってしまった糸が解けていくのではないかと祈ることがある。
喪ったものを取り返すのは難しく、また叶わないかもしれないが、わだかまりを解消するための努力をすることは決して無駄ではないと思う。

それもすべて、後悔を増やしたくないという想いからなのだ。

令和6年4月の創作③写真と短歌とお知らせ。

 

通用することもあれば 通用しないこともある ぼくはただ 背筋を伸ばす

 

 

 

 

 

 

このブログを長らく続けてきましたが、今日を最後に不定期更新にすることを決めました。

 

理由はいくつかあるのですが、大きな要因としては仕事の割合が大幅に増え、ブログのことを考える余裕が吹き飛ばされたことにあります。試行錯誤して4月は続けてきましたが、落ち着くまでは難しいと判断しました。

 

 

自分の意図ややりたいこと、伝えたいことが通用するはずと思ういっぽうで、他人から見れば別の視点で動くため、結果として自分のやりかたは通用しない、ということはよくあります。それは仕方ないのですが、こちらの心情を理解しつつも(それも怪しいが)、その人自身の判断のほうが正しいという観点から判断が下されることも多々あります。相手は議論を歓迎しますが、結論は決まっているため、議論することは不毛に感じますし、それが長い期間の中で何度も繰り返されますと、諦めに変化します。

 

恋愛に言い換えてみれば「振られる」ということなのですが、ぼくは今まで若いころの恋に限らず、仕事等に関しても散々振られてきました。そのうえで自分の納得のいく形に着地させようとしてきましたが、そこも段々と怪しくなってきました。気持ちが切れますと事故(重大なミス)につながりますのでかろうじて持ちこたえてはいますが、いつ意識が飛んでも仕方ない状態です。このような不安定な中では、文章を書くことに集中することはできないと判断しました。

 

 

ぼくはずと傷ついてきました。そして傷つけられてきました。

その経験を踏まえた歩みが、ほんの数か月でも、たった数日でも、納得のいくかたちで体現することが出来たらいいのかなと考えています。

 

 

 

先日も触れましたが、どのような形であれ3,000を超える記事を書くことが出来たのはひとつの自信につながりました。毎日更新に戻すかどうかはわかりませんが、今はここで培ったものを、主に仕事になりますが全振りしていきたいと思います。

 

 

きょうまでこのブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

余裕が出来たときにはまた記事をアップしますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

読者を含めた皆様のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

令和6年4月20日 青の人 こと とみさわゆうじ