つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

夜の明かりに挟まれて

もちろんだけど 街中と郊外とでは光景がまったく違い

人の往来もあれば あちこちにネオンが光っている

郊外ではせいぜい電柱にある街灯の明かりか

季節の星が星座を象るくらいだ

 

札幌では何にも思わなかったことが

ここでは些細な違いにも目を向けてしまう

 

まるで都会は

そして地方は

何かを見させ そして隠しているのかもしれない

 

f:id:maruyamabase:20200222204846j:plain

 

都会からとにかく真実を語ったとされる本が矢継ぎ早に出版されていく

そして自分が正しいと吹聴する

どうやらそうでもしないと 生活するのは難しいらしい

 

どうにも真実を伝えることと生活することが混同し

結局は権威を誇示する妄動に終始している印象が残ってしまう

 

宗教家に限らず

経済を専門にする人も

一次産業を専門にする人も

地元の役人も

 

どこか心の中で椅子にふんぞり返る傲慢さが根付いている

そして責任は仕事と一緒に丸投げ

そうして世界は出来上がっていく

残念だけれど

声を出して叫べば叫ぶほど

進む方向は調整されていかないんだ

 

理不尽なこともあれば

理路整然なこともある

論理を語る人もいれば

倫理をかざす人もいる

他人を慮る人

自分ばかりを優先させる人

 

 

いろんな人が

 

このマチ、この地域、そしてこの世界を形作っていることを忘れないように

そしてわたしも