つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

【詩】それでも日々に変わりはない

夕方に緊張が走る宣言がなされた

 

恐らく都会は戦々恐々とするだろう

 

何もかもが止まると不安が膨らみ

 

却って過ちを生み出していく

 

 

 

日常が何者かに壊されてゆく

 

普通ならば誰かのせいにしたいところだけど

 

本当の悪者は誰なのかまだわからない

 

それでも誰かを悪者にしようとしている

 

それは後から間違っていたことを謝ろうとしない確信犯

 

いつも偉い立場にいる人

 

いつも強い立場にいる人は頭を下げて謝ることはない

 

いつもいつも頭を下げるときは

 

何かをお願いするときだけだ

 

 

 

日常が変わったという人もいれば

 

何ら変わらないという人もいる

 

いつもの光景が戦場に感じる人もいれば

 

いつもの光景が天国だと感じる人もいる

 

剥がれて見えてくるのは本性であり本能で

 

着飾っていた人たちの多さのみが語られてゆく

 

 

 

誰かが言った

 

非常にこそ本当の姿が見える

 

あの人はいまどうしているだろうか

 

 

 

暇になる人もいるだろうけど

 

忙しくなる人もいる

 

願うのはそのどちらに立つ人にも

 

日々が忙しく過ぎていって

 

いつの間にか日常が戻ってくればいいと

 

またあなたに気兼ねなく逢える日が来ますようにと

 

月が綺麗な夜にそっと祈りをささげた