つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 邦楽編 その52

結び音

f:id:maruyamabase:20201011202909j:plain

f:id:maruyamabase:20201011202937j:plain

f:id:maruyamabase:20201011203006j:plain

 

田野崎文

 

TKCA-72983


1.びわ
2.ハナビラユキ
3.天からの声
4.雨女
5.ありのままで
6.心の手紙
7.エール
8.愛の泉
9.ただただ
10.心守歌
11.自分

 

彼女のメジャー・ファーストフルアルバムになります。

彼女のスタイルとしてはどうやらバラードがあるようで、
その声には深い森にしんと響くかのようです。
実直を重ねた声は、どのような天候においても、その存在を
際立たせるのではと感じました。
めずらしく8曲目はテンポがあるナンバーとなっており、
幅を広げんとする姿勢がうかがえます。