つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。このたび不定期更新に切り替えました。

【珈琲豆感想】電車通りのもりひこ限定コーヒー ATELIER Morihiko Blend Coffee[中深煎り]

MORIHICO.の福袋から今回はこちらをいただいております。

 

f:id:maruyamabase:20210123192835j:plain

f:id:maruyamabase:20210123192914j:plain

 

電車通り(市電)にある、アトリエモリヒコの限定珈琲になります。

 

表のラベルにかんたんな説明と、マリピエールとの相性が書かれています。

 

f:id:maruyamabase:20210123193229j:plain

 

豆を見たところ、比較的明るい色をしていまった。

香りは深煎りでした。

 

こちらを淹れていただいたところ、燻されたような香りが漂ってきました。

他の店舗にはない、ちょっとスパイシーな味が舌の上に乗ります。

口に含んで何度か確認してみましたが、やはりスパイシー。

なんだろ?と思いながら飲んでいました。

 

これは表現が適切かどうかの自信がないのですが、なんとなく

「むかしの珈琲」

なのではないかと思いました。

 

昭和時代の珈琲は比較的濃い、と聞きます。

ではこの珈琲の味はいつ頃なのか?

そこが謎なのですが、どこか懐かしい味がしているのも確かなのです。

 

 

アトリエモリヒコは比較的早い時期に店舗が出来たという記憶があります。

過去何度か利用させていただきました。マリピエールもお店の一角で工房を持ち、珈琲に合うお菓子を製造していました。

 

webサイトを見ますと、独立して店舗を構えたようですね。

コロナの騒ぎが治まりましたら、いただきに訪れたいと思います。

 

 

 

 

MORIHICO.の福袋についてはコチラ

 

maruyamabase.hatenablog.jp