とみーのグラウンディング日記

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 ジャズ編 その72

【Series Herbie Hancock

 

Dedication / Herbie Hancock

 

f:id:maruyamabase:20170405233253j:plain

f:id:maruyamabase:20170405233309j:plain

 

 

SRCS-9342

 

1.Maiden Voyage
2.Dolphin Dance
3.Nobu
4.Cantaloupe Island

 

 

player

Herbie Hancock

accoustic piano
fender rhodes
arp synthesizer


Rec:Kosei Nenkin Hall,Tokyo,Japan
July 29,1974


彼のソロアルバムは他に「ピアノ」という作品があるのですが、そっちは所謂普通のピアノ。
それに対して本作品はエレクトリックに光を当てたものになります。

収録曲は4曲となっていますが、何処かで聞いた名曲が並んでおり、どのようなアレンジがされるのか聴く前から楽しみでもあります。

前半2曲がアコースティック、後半2曲がエレクトリックという配置になっており、気持ちを引き締めて聴くこともできます。
アフリカチックだったり、ヴォーカルを吹き込んだりとせわしない、エレクトリック時代のハービーですが、孤高のスタンスを取ることで見いだせるひとつの境地を持っている、とても貴重なジャズメンかもしれません。