つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

日々のこと

北海道の地方の山の方でいただく沖縄そば。

沖縄旅行は1度きりですが、長期滞在していたこともあって楽しい思い出をたくさんつくることが出来ました。しばらく行くことはできていないですが、沖縄料理は好んで食べるようにしています。 さて先日、こんな記事を書きました。 maruyamabase.hatenablog.jp…

徐々にという一歩で。

本日も晴れました。 日中は夏のような天気でした。 牧場作業時はツナギ(作業着)に着替えて行いますが、もう汗だくです。 昨年、一昨年と寒かったのですが、今年は一転、熱い初夏を迎えています。

制限解除前の夜。

この土日は晴れました。 一時は夏日の気温にもなったようです。 なんでしょう、八雲町は曇りがスタンダードのような気がしますが、なんだか晴れている日数が多いような気がします。

北海道八雲町から、マスクが届きました(50枚入り1箱)!

実は既に町の広報に折込の広告で通達があったのですが、このほど我が家にもマスクが1箱(50枚入り)が無事に届きました。 運送業者もこの荷物のために奮闘されています。 ご苦労様です。本当にありがとうございます。

いしぐふーって、なに?

ステイホームが続いていた中ですが、先日知り合い(そこまで知り合いでもないですが。笑)のブログで紹介されていた沖縄そばが食べたくなり、勢いで注文してしまいました。 お店は、「いしぐふー」というところ。 https://www.ishigufu.jp/ ここで提供してい…

「居場所」って。

日曜の午後、「ザ・ノンフィクション」を放送しているであろう時間帯にこのような番組が録画されていましたので、見てみました。 https://www.uhb.jp/program/ringonomachi/ このりんごのまちは、札幌の「平岸」を指します。 1時間ほどの番組でしたが、いい…

特別定額給付金の払い込み通知書が届きました!

早い。 何がって、コレです。 本日の郵便で通知が届きました。 申請書類を出したのが先週21日。 役場に到着が22日。 この通知が作成されたのが25日。 自宅に届いたのが26日。 これは、処理に1営業日もかかっていないということになりますね。

テレビに求めること。

もうずっと前に録画していたのですが、全然見る機会がなくて。 ステイホームのうちにやっと全話見ることが出来ました。 HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」 全5話で、1日1話ずつ見ていきました。 感想ですが、ベタですが、なんだか、全部詰まっ…

令和2年5月の読書感想文④ 光る牙 吉村龍一:著 講談社文庫

地元の本屋さん(ゲオだけど)で購入した文庫本です。 地方に移住してからというものの、やはりクマ関連の本(ジャンル問わず)には目がいってしまいます。 今回はコチラの作品を読みました。 光る牙 吉村龍一:著 講談社文庫 個人蔵 第16回大藪晴彦賞候補…

おうち時間をお酒で楽しむ。

こんな状況のため、余計にですが自宅で過ごす時間が増えてしまいます。 自宅にある、食材を含めたあれこれの消化に努めているのですが、数日前こんなお酒の封を切りました。 確か、ジンだったと記憶しています。

特別定額給付金の申請書類、届きました!

北海道八雲町役場のHPをチェックしますと、19日から順次発送となっていた申請書類。 本日の郵便で到着しました。 マイナンバーカードはまだ所有していないので、この書式で申請を行います。 受付が22日(金)で、直接持参での申請は原則受け付けないとの…

令和2年5月の読書感想文③ パンプルムース! 江國香織:文 いわさきちひろ:絵 講談社

江國香織さんこれまでに数々の名作を出しているとともに、詩集も刊行されています。 若かりし頃に江國さんの詩を詠んだことがあるのですが、そのときはまだ未熟だったためか(それは今もだが)、うまく読み込むことが出来ませんでした。 それから時がたち、…

新聞記事(北海道新聞)を読む。

昨日の日記で紹介した本の影響、という訳ではないのですが、ふと目に留まった記事を紹介していこうと思います。 昨日の日記 maruyamabase.hatenablog.jp 新聞記事ですが、北海道新聞にて掲載されていたものを紹介していきます。 まずひとつめはこちら。 新型…

令和2年5月の読書感想文② 池上彰の新聞活用術 池上彰:著 ダイヤモンド社

小さいころの新聞は、テレビ欄とスポーツ情報だけを読む存在でした。あとは折込チラシを見るのが好きだったかな。なんだか玉手箱・宝箱のような感じがして、目をキラキラさせていた記憶があります。 大人、おっさんになりまして、幸いにも新聞は3紙に目を通…

1日息抜き(生き抜き)。

石狩管内以外は比較的状況が落ち着いているということが報道されていましたが、何となく気が抜けない感じ。。。 それでも、毎日の生活のために食べるものは買いそろえなくてはならない。 不要不急という熟語は今年トレンド入りするんだろうなぁと思いつつ、…

【詩】渦

生まれて育って進学して卒業して 就職して退職して転職して 恋をして恋愛をして悲恋となって 生きて生きて生きていく 世間では何か大きな出来事を取り上げるけれど わたしたちの身近なことだってとても大きい あちこちのお店が臨時休業になったことや 音信不…

笑いは栄養なのです。

ラジオを聴いていて、そんなのがあったのか!と気づかされました。 新型コロナの影響なのですが、いい意味での影響として、web上でエンターテイメントを視聴することが出来るようになっています。中には期間限定のものもあると思いますが、これを機会にして…

北海道八雲町の新型コロナ対策は。

各自治体で既に動いている新型コロナ対策。 北海道八雲町も然りなのですが、当初は報道と似たようなもので、学校への登校に関することや、公共施設に関することなどがほとんどでした。そこから経済、いわゆる事業をしている人への支援をはじめ、社会福祉の分…

マスクが余っているのはどこなのよ?

朝の情報番組を見ていましたら、 「マスクバブル崩壊」 といった見出しが出ていました。 これまでは、店頭に出せばすぐに売れる商品だったマスクが、ここにきて大きく値崩れを起こしているようです。 そんな影響なのか、事務所の複合機にもこのようなFAXが。…

八雲町立図書館、予約図書の貸し出しのみで運営再開しています。ありがたや。

町のHPで確認したのですが、緊急事態宣言の延長を受けて閉館となっていた八雲町立図書館が、「予約した図書の受け取り」のみの対応で臨時開館しております。ただし受付時間が通常時の開館時間と異なっているため、注意が必要です。これがゴールデンウィーク…

納品先にて。

新型コロナの影響を受けながらもナントカナッテイル毎日。 日々様々な出来事がありますが、元気に過ごせていることはとてもありがたいことです。 それでも、どこかのタイミングで外出はしなければなりません。 近所であればいいのですが、それが市町村をまた…

お金とは違う「恵み」を感じた。

天気が良いと、普段見ている景色すらも変わって見えます。 空が広い土地に住んでからというものの、毎日見る光景に飽きることがありません。 これはもう不思議でしょうがないです。 ここは放牧地ですが、季節が来ますとこのような光景が現れます。 色んな分…

日中は最早初夏の熱気。

朝晩はヒンヤリ。 しかし日中は汗をかくほどの熱気。 北海道八雲町上八雲は、忙しい天気を迎えております。

令和2年5月の読書感想文① サムのこと 猿に会う 西加奈子:著 小学館文庫

GWももうすぐ終わりを迎えますが、自粛ムードは続きます。 図書館でも本を借りることが出来なかったのですが、幸いにも連休中は大半が仕事となっていたので、購入していた本を読むことで十分に休みを消化することが出来ました。 で今回はこちらの本。 サムの…

地方居住者の買いものは。

札幌市(都市部)から北海道八雲町(地方)へ移住して、ひとつ知ったことがあります。それは地方に住む人たちの1度の買いものの量がどことなく多いことです。これは仕事をされている環境が影響していると思うのです。 都市部は土日関係なく、色んな業種が動…

机上と現場と。

緊急事態宣言に関する報道をどうしても見てしまいます。 心理的には仕方のないことなのかもしれないと思いながら、不毛なやりとりが何かと多いことに落胆しかなくなってきています。 方針は行政が決めていくことではありますが、出してきたものに対してあれ…

牧場作業ダイエットの季節がキタ!

連日暑いです。 日中はそれこそ初夏を思わせる日差しと気温なのですが、朝晩はひんやりとしています。こういった気温差がある場所なのですが、今日あたりから風にも温かさが加わってきました。こうなりますと、山の中でも春、そして夏がやってきます。 この…

「変わる」ことを想定する必要。

緊急事態宣言の期間が延長されたようです。 ここ最近はニュースばかり見ていて味気ないのですが、このご時世だから仕方ないとも思っています。 自分に即した毎日はと言いますと、目下牛の世話で朝から晩まで身を粉にして働いております。日々のルーティーン…

その「数字」は、あなたのものじゃない。

ぼくが使っているWebツールですが、このブログの他にはSNSがあります。ほぼロム専で、SNSによっては時折リンクをしていたりします。(Twitterは別) そうしますと、フォロワーが増えたりします。きっかけはわかりません。 フォロワーは増えては減り、の連続…

雷鳴と産声。

昨日、牧場内で離乳(母牛と子牛を離すこと。)が6頭ほど行われたため、夜通しで鳴き声が響き渡っていました。慣れれば大したことはないのですが、まれに元気に鳴く牛もいます。じゃあやらなければいいじゃないかという話もあるとは思うのですが、酪農と畜…