つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

日々のこと

(時間は空いたが)珈琲豆飲み比べ。

どんなに不調でも珈琲が飲みたいときがあります。 そんなときは瞑想のように珈琲を淹れます。 それは他のことを考えずに集中できるから。 時間は短いですが、自分にはとても大切な時間です。 1か月くらい前ですが、フィロコフィアさんからコーヒーフィルター…

2021年1月購入のジャズ4タイトル(とその他4タイトル)。

ここ数日間、実は「仕事を辞めることになっても仕方ないか」といったようなことを考えています(残念ながら進行形)。個人の感覚として納得がいかない、腑に落ちない点があり、悶々として過ごしていました。そして見事、体調を崩しました。 ただ、どんなに「ク…

【詩】ただねむる

ずっと眠っていた 朝いつもどおりに目が覚めるけど この日はふたたび目を瞑る 気づけば時間は正午を指していた 眠っても眠っても 眠気が収まらない それは疲れが溜まっているからなのか それとも何かから目を背けたいのか 誰かはそれを逃げと言うだろう でも…

【詩】力なんてもともと無かった

いつからだろう 自分には力があるなんて考えるようになったのは だからなんだろう 目の前のどうすることもできないことに対して 自分は無力だ、なんて打ちひしがれるようになったのは それは思い込みなんだろうか それは思い過ごしなんだろうか それとも思い…

【詩】抜けた

なんだかこれまで自分がやってきたことの意味はあったのだろうかと考えたとき 何かに吸い取られるように自分の中から見えない力が萎んでいくのがわかった やる気も何も委縮していって最後はそこにいるだけで精一杯になる ほんとうにいままで何をやってきたん…

【詩】信じなければいいさ

どうして他人の話は聴き耳流すようにしかとらえないのに 自分が聞いてきた話だけはしっかり運ぼうとするの それは結局自分の感覚だけが大事で 周りのことなどあまりよく考えていないだけではないの ずっと前から話しているのに 結論を出さない議論はもういや…

【詩】受話器越しの

いまは文字で確認することが多くなったけれど 昔は電話が主流で 良い報せもそうでない報せもぜんぶ 受話器越しの声が教えてくれていた どこを伝ってくるのか以前はよくわからなかったけれど 道路わきによく見る電線の中にある1本の線が どこにでも声を運んで…

【詩】風はうまれる

陽射しだけが強くって 背中がじんじん熱くなる 川水の冷たさを感じているけれど それ以上の夏が降り注ぐ 上を見ると青の中に鳥がいて それは気持ちよさそうに周回してた 鳥はどうやって高いところにいることができるんだろう 鳥は高いところにいくことで 風…

【詩】まってるよ

どんなにどんなに こんなにこんなに かなしいことがあっても くるしいことがあっても かべがたかくても ちからがなくても しにたいとおもっても だれともはなしたくなくても こころをいれかえてがんばろうとおもっても そのいたみはすぐにはきえないとおもう…

令和3年6月の読書感想文④ ぼくとがっこう 谷川俊太郎:文 はたこうしろう:絵 アリス館

谷川俊太郎さん文章の新しい絵本が出ていましたので、図書館にて借りてきました。 ぼくとがっこう 谷川俊太郎:文 はたこうしろう:絵 アリス館 八雲町立図書館蔵 入学~卒業ではなく、登校から卒業までの流れを絵と文章で表現した絵本。 絵も文章もとても読…

令和3年6月の読書感想文③ デス・ゾーン 河野啓:著 集英社

栗城さん関連の図書、本書が最後になります。 デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 河野啓:著 集英社 八雲町立図書館蔵 ※2020年 第18回 開高健ノンフィクション賞 受賞作 ここで初めて著者が栗城さん以外の人になりました。 著者プロフィールを見ますと…

令和3年6月の読書感想文② 弱者の勇気 栗城史多:著 学研

栗城さんの本ですが、次にこちらを読みました。 弱者の勇気 小さな勇気を積み重ねることで世界は変わる 栗城史多:著 学研 八雲町立図書館蔵 次は出版社が変わっていました。 なお、写真にある付箋は読者(ブログ主)が気になったところを貼っています。 構成…

令和3年6月の読書感想文① NO LIMIT 自分を超える方法 栗城史多:著 サンクチュアリ出版

デス・ゾーンという本を読んだ後に栗城さんの著書にも目を通したほうがいいだろうと思い、図書館で借りてきました。 NO LIMIT 自分を超える方法 栗城史多:著 サンクチュアリ出版 八雲町立図書館蔵 肩書には「世界七大陸最高峰の単独・無酸素登頂に挑む若き…

朝食・昼食・夕食。

所用で函館に1泊(もちろん最新の注意を払い)してきました。 宿泊したところは函館駅前にあるシェラトンホテル。 モニタープランで洋朝食を選びました。 普通に食事するとお値段¥2.000だそうですが、これを見ると納得です。 テリーヌですが、こういうものが…

このご時世だからこそ、気分を上げる宿泊。

先日ですが、函館で所用があったため、前日入りして宿泊しました。 ただ仕事を終えてからの移動であったので、チェックインが遅い時間になりました。その他の心配事としては夕食です。緊急事態宣言が出ている状況のため、遅くても21時には閉店になっているで…

ありがたい夢 変な夢

昨夜ですが久々に夢を見ました(夢を見たという記憶が残っていました)。 相変わらず脈絡のない夢なのですが、こんな夢を見ました。 両親が夢に出てきた 親が夢に出てくるってそうないと思います。ましてや両親は初めてだと思います。 ぼくの父親は既に亡くな…

ゆるりと懸賞当選。

応募した懸賞が当たっているかどうかは、正直忘れた頃にやってきます。 本日の郵便で簡易書留があり、何かと見てみると、コレでした。 明治さんでした。 封書なので中身はわからず。そっと開封してみると・・・ 当選通知とギフトカード1枚が封入されていまし…

栗城史多さん関連の図書を読むことにしました。

先日八雲町立図書館にて、「デス・ゾーン」を借りてきました。 それまで栗城史多さんのことは登山家程度でしか知りませんでした。 あとはガイアシンフォニーという作品か何かで彼のことを認知したと記憶しています。 ぼくが八雲町に移住してから、彼は登山中…

閉店まで残り15分の夕食。

緊急事態宣言下の北海道では、飲食店の営業時間も短縮となっています。 (お酒を出さないお店も) これにより、夕方~夜に開いているお店が激減し、最終的にはコンビニで夕食を用意しなくてはならない可能性が出てきます。まさしく夕食難民です。 この日、仕事…

【詩】スルーだとわかりたくない

どうして 今は既読という機能があるのだろう 相手がこの文章を読みましたというのは 必要なのだろうか メールのときにはそれがなかったけど そのときは何も不都合はなかった メール以外の連絡手段になったら いきなり既読機能がついてきた それは何を意味す…

静寂が明けますように

外せない所用があり、函館市に1泊しました。 写真は部屋から眺めた函館駅方面になります。 明るいのは街路灯や信号機だけで、看板からのネオンはほとんどありませんでした。 なんだか年末年始よりもさみしい光景に思えました。 宿泊先では飲食店も入っている…

【詩】搔き分けることは尊く

前に進もうとしても 目の前の障害物が行く手を阻んでちっとも進まないことがある どうにかして足を上げて歩みを進めようとも その足元にある伸びた笹や木の枝などが絡みついては歩みを止めようとする 文字通り手でも足でも掻き分けながらその日の目的地へ向…

MORIHICO.より季節の珈琲【Fleur(フルール)2021】をいただきました。

本来であれば母の日向けの商品だと思うのですが、自宅用に購入しました。 ちなみに母へはカーネーション(おそらく初)とフリーズドライの食品を贈っています。大層喜んでいました。 さて今回の豆は 【Fleur(フルール)2021】です。 西暦が入っているということ…

【詩】うんちはくさい

うんちはくさい うんちはくさい 朝したうんちはくさい 昼したうんちもくさい 夜にしたうんちだってください うんちがくさいのは人間だけだろうか ある日逃げた子牛をつかまえた 後ろから押すようにして連れて行った そうするとどこからか匂ってきた それはう…

令和3年5月の読書感想文⑦ 銀河英雄伝説列伝1 晴れあがる銀河 田中芳樹:監修 創元SF文庫

何ともうれしい作品が刊行されていました。 銀河英雄伝説列伝1 晴れあがる銀河 田中芳樹:監修 創元SF文庫 個人蔵 あの「銀英伝」に新作が登場したのです。 完結したであろう作品の新作がまた読める・・・! このときの感動ったらもうとんでもないです。 こ…

澤井珈琲さんにて、アイス用の珈琲豆を購入しました。

夏にはまだ少し早いのですが、仕込むことにしました。 島根県にある「澤井珈琲」さんですが、ヤフーや楽天でも店舗を構えている、メジャーなお店のひとつです。いつもは季節ごとやレギュラー商品から構成される「福袋」をよく購入しており、付き合いも長いで…

早速脱柵(脱走)。モォー。

朝、至近距離で牛の鳴く声が聞こえて飛び起きました。 リビングのカーテンを開けて様子を見てみたら なんということでしょう~ 牛が逃げていました 笑 これが日常茶飯事だととても大変なのですが、放牧が始まる時期はちょっと目立ちます。牛もその環境になれ…

放牧ぼちぼち。

放牧地の草も順調に伸びてきましたので、少しずつではあるものの牛の放牧をはじめています。 来月になれば、職場(牧場)内の各放牧地に牛が一斉に移動します。 よく街中ではホルスタイン(乳牛で黒と白の模様を持つ牛)の放牧風景を見かけます。近隣の町でも放…

4⇒8⇒11⇒15⇒22

タイトルの数の推移なのですが、今年の1月から5月本日現在までのあいだに購入したジャズCDの枚数になります。 汗。 大きな理由としては、昨年にオーディオを更新したこと。 スピーカーから流れてくる音がとてもよくなりましたので、色々な作品を聴いてみたい…

ペトロマックス(Petromax)のパーコレーターを購入しました。

今年から少しずつキャンプ(アウトドア)用品を買い足しているのですが、今回は外での珈琲ライフを充実させるべく、こちらを購入しました。 ペトロマックス(Petromax)のパーコレーター(ホワイト)です。 箱を見ますと、ドイツ製だとわかります。 PETROMAX ペト…