つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

日々のこと

【詩】つれづれと

あかさたな はまやらわ をん 気づいていないけれどわたしたちは魔法使い 50のかなを使ってことばを紡ぐ それはパズルよりも考えなくて テストの問題を解くよりもかんたんで ときには感情も入って その人の文章を創っていく そこに季節が入れば そこに経験…

【詩】やりなおしたいのにどうして

かつて悪いことをしてしまった人がこんどは良いことをしようとしてひとたび頑張ろうとしているのだけれど世間はその人を悪人のままに留めたいらしく過ぎたことを引っ張り出してはその人の前途を断とうとしていることは許されるのだろうかという問いを持った…

ラジコプレミアムでエアチェック。その10(春の新番組紹介)

いつも通りに「ジャズ」または「jazz」で検索していたところ、ジャズの新番組が何本か始まったようです。今回はかんたんに新番組の紹介をしていきたいと思います。なお、検索条件が上記のみのため、完全にはカバーできていない可能性があります。ご了承くだ…

ご飯の記録(函館市)

先日函館に行ってきたのですが、忘備録としてご飯の記録を残しておきます。 数年ぶりのマクドナルド。 セット価格で700円とちょっとだった記憶。 これが高いのか安いのか、判断がつきませんでした。 もう少し満腹感が欲しかった。 ちなみにこの日宿泊した宿…

【詩】雪の下には

あれだけどっかりと積もっていた雪が 気温の高さと陽の暖かさでみるみるうちに減っていく それはまるで際限なく積み上げられた書類の山が どういうわけか1枚また1枚と処理済みになっていくようだ 季節が移っていく中であれこれと憂慮していたことが 緑が見え…

ありがとう碇シンジくん。

昨日ですが、函館市でエヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)の完結作を観てきました。 ただこれだけの予定で行くのはちょっと・・・と考えていたので、その他に幾つか予定を立て、1泊してきました。 ただ昨日の函館市は雨。八雲町も雨でしたが、この雨は1日降…

【珈琲感想】森彦の時間 雪 中深煎り 冬季限定品

MORIHICO.市川さんのTwitterでタイトルの商品の存在を知ったのですが、どうやら八雲町内では取り扱いが確認できなかったので、ネットショッピング(ロハコを利用)にて購入しました。この森彦の時間という商品はもともと3種類出ているのですが、冬限定で今回の…

【詩】かつての若者からきみへ

きみよ 抱いた夢とワクワクは絶対に手放すな この仕事ツマラナイと思ってもそれがずっと続くと思うな 早々に見切りをつけるな 自分がルールだと思うな 君は経験値ゼロだということを忘れるな どんなに華々しい経歴があろうとも 大事なのはその場所で残す結果…

【褒められる仕事】はどこへいった

本日より新年度です。 写真は今朝の東の空。 朝日がのぼりはじめているのがわかります。 この光景にいつも、心が浄化されます。癒されます。 年度末-新年度はじめは何かとバタバタします(書類上)。 なかなか疲れが取れなくて溜まっていくいっぽうですが、元…

移住4年目に入りました。

昨日、3月30日で札幌市から八雲町に移住して丸3年の月日が経過しました。 本日より4年目の生活を送っております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 北海道八雲町に移住した最初の1年は地域おこし協力隊として。 2年目・3年目は職を得て、写真の…

【珈琲豆感想】MORIHICO.の【MA Blend(ORGANIC COFFEE)】をいただきました。

配慮を重ねながらではありますが、月に一度会議を行ってきました。 一部オンラインでの会議も行われましたが、今月は対面での実施。 昼食もいただくことになりましたので、こちらの豆を提供させていただきました。 MORIHICO.の【MA Blend(ORGANIC COFFEE)】 …

ラジコプレミアムでエアチェック。その9

スイッチを入れてチューニングを合わせる。 お決まりのラジオ局に目盛りを合わせ、約束の時間までひたすら待つ。 時報とともにはじまりの声が流れる。 そうして エアチェックを繰り返していく。 今週も。そして、来週も。 スピーカーから流れてくるラジオに…

ラジコプレミアムでエアチェック。その8

スイッチを入れてチューニングを合わせる。 お決まりのラジオ局に目盛りを合わせ、約束の時間までひたすら待つ。 時報とともにはじまりの声が流れる。 そうして エアチェックを繰り返していく。 今週も。そして、来週も。 スピーカーから流れてくるラジオに…

「一生続けていくための何か」

3月は年度末なのでいつもより忙しいのですが、今年度はまた違った忙しさを迎えております。そのためじっくりと机に向かう時間が少なく、ほぼパッション(情熱)のようなもので毎日詩を書き綴っていました。まだまだ未熟ですね。それは分かっているのですが、ど…

【詩】交わすと重ねる

どうしても今はそこまで大事だとは思わなくって ついついまた今度だなと勝手に決めて 消化することのないスケジュールを組んでいる それは先延ばしの代表例で 積み上げた古新聞古雑誌を処分しないまま時間が過ぎていくことに似ている ひとたび行動してしまえ…

【詩】あこがれはその小さな背中越しに

小さい人間が自分よりも大きな人間を翻弄する その姿はまるで魔法のように見えた もしくは忍者かも テレビを見ていて これまでにないわくわくを感じた その姿はいたって真剣で 絶対に無理だという思考が存在しない佇まいだった もちろんたくさんの苦労はある…

【詩】それは宝石でも敵わず

選んだ場所と時間はその人にとっては特別なもので ただ闇雲にスマホをいじってしまうこととは異なる 後者は夢遊病のようなものになってしまうが 前者は間違いなく自分の意思が関係している 世間がどのような環境であれど前に進みたいと願う人はいる それは10…

【詩】春は、風。

林の向こうから風が吹く 時には温かみを そして時には冬へ戻すゆりかごを ゆるやかな またときには激しい流れで あらゆるものを運んでくる 鳥たちの声がにぎやかになり 土と花の匂いが立ち込めようとする頃 何かを横切るように疾風が吹く それは季節の変わり…

【詩】交錯するのはこの道で

地球にとっては小さな道だけど その場で生きる人たちからするとそれはとても大きな道に思える その道は毎日往来があって流れを生んでいる 去る人もいれば来る人もいる この道はまさしく生きているのだと思う きょう この道を通った人が去ることになった 慣れ…

【詩】見えるものは違う 見ているものは違う

デジタルカメラを手に取って 全自動操作で写真を重ねてみたり完全手動で動かしてみたりする 小さな画面には一瞬の一部が切り取られていて 小さな小さな魔法使いになった気分になる 人間の目とは異なり 機械を通すとやや違って世界が見える こんな風に見えて…

【詩】寄せると返す

雪が少なくなって地表のいろが増えてくると ふわりと区切りの季節がやってくる そこには涙もあれば楽しさもある それぞれが様々な思いを携える貴重な時間になる 空を飛ぶ鳥の数が明らかに増え 雪が静かにさせていた世界は 徐々に息吹を取り戻す それはまるで…

老い?の実感。

あれやこれやと何かのせいにしたい訳ではないのですけど 最近 「口が回らなくなってきた」り 「軽い物忘れが出てきた」り 「疲労の回復が遅くなった」り ここにきて「不具合」のようなものを感じております。 その背景には「コロナ禍」があるんだ! と思いた…

北海道八雲町のいきいき応援券とは。

先日ですが、ゆうパックでこんなものが届きました。 大きめの封筒で、八雲町役場からでした。 中身を見てみますと いわゆる商品券(町内限定)が封入されていました。 これは新聞報道にもあったのですが、現在の状況を少しでも緩和すべくとった施策だというこ…

令和3年3月の読書感想文② きみが夢にでてきたよ モモコグミカンパニー(BiSH):著 株式会社シナノパブリッシングプレス

ずいぶん前に手元には届いたものの、読むのがだいぶあとになってしまいました。 きみが夢にでてきたよ モモコグミカンパニー(BiSH):著 株式会社シナノパブリッシングプレス発行 個人蔵(クラウドファンディングにて支援し、返礼品として受け取ったもの) この…

デジタルカメラを更新【Canon EOS Kiss X90 レンズキット】しました。

その昔はコンパクトデジカメであちこちパシャパシャ撮っていたのですが、そのカメラも最後は電源が入らなくなりまして、泣く泣く手放すことに。その後はスマホのカメラ機能を使っていろんな写真を撮影してきました。 しかし、どうにも自分の撮り方が悪いのか…

【珈琲豆感想】MORIHICO.のオーガニックブレンド(ORGANIC BLEND)Aをいただきました。

無事?にMORIHICO.さんの福袋Lサイズに入っていた珈琲豆をすべて消費しまして、個人的にいろんなタイミングがありましたので、改めてMORIHICO.のWebショップにて違う豆を購入しました。 いろんなシリーズがあるようなのですが、今回飲んでみることにしたのは…

【珈琲豆感想】PHILOCOFFEA(フィロコフィア)の福袋から、[Honduras El Puente Geisha Washed]をいただきました。

MORIHICO.さんの福袋の残りがドリップバッグのみとなりましたので、やっとフィロコフィアに手を伸ばすことができます。 フィロコフィアの豆も残り2種類ですが、今回はこちらをセレクトしました。 [Honduras El Puente Geisha Washed] いわゆる「ゲイシャ」コ…

【詩】髪を切る日は

3か月ぶりに髪を切った このご時世いくつかの懸念を持っていると 髪を切ることに対しても慎重になっていた 日差しが増え気温も高くなり春の匂いが香り始めた頃に 髪を切りに出かけた 髪の毛は雑に伸びていて 乾燥などで常にくせ毛 まとまりのない髪形で日常…

【詩】おもいおもわれふりふられ

言葉にはなかなか出ることのない想いは 何かしらのシチュエーションやタイミングを待っていて それがいつ来るのかなと指折り数えながら 想うという行為そのものをどこか満喫している ただ想われるというのは難しくて それに気づかない場合や それとわかって…

【詩】いちばんはどこへいったの

何気に購読している雑誌のページを捲ってみると そこにランキングが表示されていた どのようなランキングだったかは忘れたけれど 1位に輝いていた本のタイトルを見て目を疑った いくらなんでもそれはないと思う 中間テストや期末テストの学年順位や 競技など…