つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

整理棚からひとつかみ。 インスト・サントラ編 その9

COWBOY BEBOP O.S.T.1

f:id:maruyamabase:20180909105346j:plain

f:id:maruyamabase:20180909105401j:plain

 

 

VICL-60201

 

1.Tank!
2.RUSH
3.SPOKEY DOKEY
4.BAD DOG NO BISCUITS
5.CAT BLUES
6.COSMOS
7.SPACE LION
8.WALTZ for ZIZI
9.PIANO BLACK
10.POT CITY
11.TOO GOOD TOO BAD
12.CAR24
13.The EGG and I
14.FELT TIP PEN
15.RAIN
16.DIGGING MY POTATO
17.MEMORY

 

Performed by : Seatbelts,Steve Conte
Recorded by : Rudy Van Gelder,Masashi Yabuhara
Recorded at : Van Gelder Studio,Victor "AOYAMA""YAMANAKAKO"Studio,Sound Valley Studio,Z'd Studio,Soundtrack Studio
Mastered by :Scott Hull at Masterdisk

 

アニメーション作品としてはもう20年ほど前のものになります。
当時、この作品を見て、音楽を聴いて、ぶっ飛んだ記憶があります。
それほどに、この作品は際立っていたように感じます。
音楽の傾向はブルースが散りばめられながらもジャズがうまく隙間に入り込み、サントラの域を超えている感覚があります。
そのためか、何度リピート再生したことか。
それほど、男子のココロをくすぐられた作品であります(個人的にかもしれませんが)。
作品のストーリー自体もたいへん出来がよく、のちに劇場版が封切りとなります。

シートベルツは当時の注目を集めたように感じます。
メンバーのひとりがその後疑惑の渦に包まれたようですが、それを基にすべてを否定してしまってはこの作品がなんだか可哀そうに思えてならないので、ここではその言及は避け、カウボーイ・ビバップに出会うことができたという喜びを伝えるのみにしたいと思います。

 

※本日より数日間職業研修で畜産の現場に入ります。

研修期間中は定番の「整理棚からひとつかみ」で記事を更新します。ご了承ください。