つたわりとどけ。

日常と非日常のはざまから、伝え、届けたいことを個人で探求し、実践します。

ようこちょ。

本日からまた実習が始まりました。

 

毎回ですが、身が引き締まる思いです。

 

f:id:maruyamabase:20190826201816j:plain

 

 

 

 

大変なことこの上ないのですが、こんな経験は誰もが出来るわけではありません。

言うなれば、大変貴重な経験であり、修行であります。

安穏無事に過ごすことが出来るよう、身の限りを尽くそうと思いました。

 

 

 実習の中身はそれぞれ異なるのですが、ガイダンスという時間がありまして、そこで実習中の過ごし方などについて説明を行います。

 

何せ、学生が生活する実習所は築40年越えの現役建物です。

あれこれと伝える内容があったりするのです。。。

 

 

 

 

このガイダンス時に自己紹介を少しだけするのですが、はじめの一言は

 

「ようこそ、北海道八雲町にお越しくださいましてありがとうございます」

 

という定型句を使っているのですが、本日は

 

「ようこちょ」

 

という単語をぶっ放しまして(笑)、不本意なかたちで会場の笑いを誘いました・・・

 

 

 

 

現在の建物内は、学生たちの元気な声であふれております。

 

感覚ですが、空気・雰囲気が変わりますね。大変なのですがいいことだと思います。

 

 

 

 

この場所に来まして、想像していたこととはかなり範囲の広い仕事をしております。

人によっては「なんでここまで!?」と思うかもしれないですが、こと地方では「ここまでやるんだ!」という、驚きと言いますか、一種の嬉しさのような感覚があります。言ってしまえば「何でも屋」みたいな感じです。

 

この年齢にして、まだ新しい経験を積むことが出来るのは幸いです。

その新しい経験が、更に新しい経験を呼び込みます。

その連続を経験していけることに、感謝しかありません。

先のことはまったくわかりませんが 汗。

 

f:id:maruyamabase:20190826203449j:plain

 

北海道八雲町の夏は徐々に終わりを迎えつつあります。

時折秋の顔を見せてきています。

 

日中は陽射しの強い時間帯もありますが、着実に時間は過ぎ、季節は流れているようです。

 

 

今週で8月も終わり、9月になります。

1年も残りあと少し・・・という、あっという間の様相そのままとなっています。

 

季節が変わりますと、体調その他諸々、いろんな変化を迎えます。

とにかく、大崩れしない様に気をつけたいと思います。